唐津工業生インターンシップとインテリジェントマシンコントロール  笠原建設

何のこと? と思われるかもしれません。(笑)

唐津市山本、唐津自動車学校裏付近にある現場「松浦川管内掘削築堤外工事」では唐津工業高校生の長期インターンシップを引き受けています。

今回は土木部から江川唯人君を受入れ、現場での作業を色々体験してもらっています。

測量や

1 2

バックホーでの掘削や(免許はちゃんと持っています)

3

完成写真を撮ったり

4 5

学校ではなかなか出来ないであろう色んなな経験をしています。

そしてこの現場では最新の技術を使ったバックホー(ユンボやショベルカーとも言います)を使って作業を行っています。

KOMATSUのインテリジェントマシンコントロールという機能をもったバックホーです。

インテリジェントマシンコントロールとは

実際このような堤防を掘削する工事において

6

従来は掘削を行う為には丁張りという物を建てて、それを目印に掘削を行っていました。

cyouインテリジェントマシンコントロール、この機能を使うと削りたい位置までコンピュータがバケット(先っちょの部分)を誘導し、斜めでもその高さを維持してくれるので、削りすぎなどを防ぐことが出来ます。

9

バックホーの中にはこのようなパネルがあり、オペレータはこれを見ながら「バケットを手前に寄せる」等の操作を行うだけです。

10

これだったら精度の高い施工が出来ますね。

このインテリジェントな・・作業を見学する唐津工業生の 江川くん と大先輩 加茂さん

7 8

江川くんの話によると 「最新の技術を目の前で見ることが出来てよかったです」とのことでした。

本工事も最後まで無事故で完了しますように。

そういえば、この現場ではドローンを使って施工前写真を撮ってました。

高い位置からだと全体を見渡せていいですね。

d1 d2

カテゴリー: 笠原建設 タグ: , , , , , , パーマリンク