佐賀県庁前と呼子でストリートプリント   笠原建設

久しぶりにストリートプリントの作業を手伝ってきました。

場所は佐賀県庁前、郵便局の交差点の歩道です。

私が行った時にはすでに型押しは終わっていました。

通常のアスファルトを温めて型を乗せプレスしています。

今回はこのアスファルト表面に色を塗ります。ピューターという色でグレーの薄い感じの色です。

まず、塗装前にマスキングをして他の構造物にかからないようにします。

その後1回目の塗装をした後の写真です。合計3回塗って仕上げます。

最終的には点字ブロックが乗ってこんな感じになります。

ちょうどこの時期、佐賀県庁周辺で行われる「肥前佐賀幕末維新博覧会」の準備をされていて佐賀県の力の入れ具合がわかります。

約1年間開催されているようなので、幕末の鍋島直正の活躍とかご興味のあられる方はいらしてみては!

アドミンはあの高島易を広めた高島嘉右衛門の本「横浜を作った男」でその活躍を知りました。

県庁前のお堀では美味しそうな(笑)カモが涼しげに泳いでいました。

そうそう、あのイカで有名な呼子でもストリートプリントの施工をしてきました。

施工前と施工後

最近ストリートプリントのご依頼を多くいただきうれしい悲鳴を上げております。

いままでインターロッキングブロック等を使ってメンテナンスに苦労されている自治体のみなさま、駐車場、歩道等をきれいに仕上げたいというお客様、何かございましたら当社営業 岸川までお電話ください。

笠原建設株式会社 営業部 岸川 電話:0955-73-5108

当社施工例

 

カテゴリー: 笠原建設 タグ: , , , , , , パーマリンク