国土交通省 若手優秀技術者表彰を受けました   笠原建設

梅雨明けしたと思ったらこの晴天と湿気、極地的に降る豪雨 ・・・ 皆様いかがお過ごしでしょうか。

先週、7月19日(水)に福岡市南区の市民センターホールで九州地方整備局国土交通行政功労表彰が行われました。

普段行き慣れない福岡の町をナビを頼りに行ってきました。

会場に着いてみると、他県ナンバーの車が一杯、九州県内各所からこられていました。

会場はおよそ800名収納可能なホールで、総勢 600名、表彰者 391名となっていました。

今回当社技術員が受賞したのは、若手優秀技術者表彰 ということで以前

i-constructionの現場見学会を実施しました  笠原建設

で紹介した現場の監督 脇山君が表彰されました。

当然ですが、ちゃんと名簿にも載っています。

表彰者 391名ということで表彰だけで40~50分かかったでしょうか、ようやく若手技術者の表彰です。

 若手技術者は総勢27名で、代表の方が演台で表彰を受けます。

ちょっと緊張した面持ちの脇山くん

演台で表彰されるとなったらめっちゃ緊張するでしょうね~。本人もそれに選ばれずホッとしたことでしょう。

最後に、九州地方整備局長 増田 博行様よりお話をいただきました。

今回の式典では、本来は部長級の方も演台にて参加される予定だったそうですが、今年の九州北部豪雨での現場の陣頭指揮をとる為に欠席されておられました。

あどみんも今回の表彰は初めて参加したのですが、国土交通省の事業に貢献されている方が河川、水門、道路美化などの分野で数多く表彰されていました。また、熊本震災の功労者としても37社が表彰されていました。

これを見て、色んな方々の協力があってこそ、地域インフラが守られているのだと感心した次第です。

最後に 「もらったぞ~」 の写真を1枚

脇山さん、これからも若手技術者としてドンドン活躍し、さらに若手を育てていってくださいね。

カテゴリー: 笠原建設 タグ: , , , , パーマリンク