あのキャラクターを描いてみた! インターンシップ3日目 笠原建設

巷ではコロナ陽性者が増加していると言うニュースと、オリンピックで金メダル~!というニュースが最近のトレンドかと思いますが、スポーツ選手のあの頑張っている姿を見るとついついこちらも力が入ってしまいます。

こんな中「メダルが取れなくてもあなたは最高」というメッセージを選手村近くで掲げる男性ということでSNSで取り上げられていました。この方のメッセージとして「選手の皆さんがメダルのプレッシャーに押しつぶされそうになって競技しているのが伝わってくるので、ここに来た時点で最高レベルですよ」というこの思いやりがとても素晴らしいなぁと感じました。

パラリンピックも含め9月頭まで競技は続きますが、メダルのプレッシャーに潰されず、最善の体調・メンタルで望んで欲しいと思います。

(2021年8月2日 6時03分 NHK NewS WEBより一部文章引用)

前回まで唐津工業高校生のインターンシップの話題をお届けしておりましたが、本日が最終回3日目です。

今回は最新の測量機材を使って絵を描いてみよう!ということでチャレンジしてもらいました。

最初に今日やる内容を同じ唐津工業高校出身の江川君が説明しました。

最初に、今回書くキャラクターの絵をCADに取り込み、点(XY座標)データを作成します。

このデータを光波という機械にUSB経由でとりこみます。

ここまで出来たらまずは従来の光波だけで測量を行いました。

この方法は、光波の人がピンホールを持った人に「右に何cmとか後ろに何cmとか」やりとりしながら点を取っていきます。つまり光波とピンポールの二人作業になります。

これとは対照的に、杭ナビではピンポール担当がスマホを持っていれば座標の位置が分かってしまうのです。

今まで光波担当が「右左とか後ろ前とか」指示していたのをスマホが指示してくれます。(スマホで遊んでいる訳ではありません(笑))

これだと一人で作業ができますし、作業時間的にも半分以下ですんだそうです。

最後に指示した点を線で結び絵を仕上げます。

さて何の絵が出来たでしょうか、笠原電設の高所作業車に乗って確認します。

ジャーン!

地面が白なので分かりづらいかもしれませんが

鬼滅の刃の嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

です。

当社担当によると今回は機械課の方も参加されていたので最初は扱えるか心配だったそうですが、やり方を覚えれば高校二年生でも作業できたので改めて杭ナビの利便性に感心したとのことでした。

この技術、高校でも活かせますね。そう体育祭のバックの絵描き!