九州まちづくり音楽祭に参加しました(後編) 笠原建設

「九州まちづくり音楽祭」後半戦になります。

これだけのメンバーが夜20:00まで演奏されました。

後半1番バッターは「神崎美子」さんグループです。(多分、記憶があいまい)

佐賀大学に在学中で来年は国土交通省を受検する予定と言われていました。

歌声も素敵でしたが、ちょっと垢抜けした容姿に会場中の男子が目を奪われました。

私的にはこのバンドのリードギターさんが「めっちゃ」上手くて撮影の傍らずっと眺めていました。

続いて、「TLDW」さん、懐かしの「永渕剛」オンリーで熱唱されていました。

この時代の方々は「順子」とか「乾杯」とか盛り上がれる曲ですよね。

続いて「K-One’s Heart」さん、地元神崎でバンド活動をされている方々で女性ボーカルの方の歌声がとても魅力的でした。

続いて佐賀大学のアカペラサークル「MORINAGA」さん

若いって素晴らしい、歌声はもちろんバッチシでしたが衣装もクリスマスを意識して頂いて良かったです。

そしてようやく我が「唐津っ子」の登場です。

Fさんのリードギターによる唐津くんちのおはやしから始まり

当社社員の「エンヤ」「エンヤ」のかけ声が加わります。

そして笠原建設工事部技術者のZさんがボーカルで入り

昭和の歌謡曲を熱唱してくれました。

本人はまだ生まれていない世代ですが、当日まで熱心に練習しました。

その後Zさんが衣装替えに入り、その間Fさんが「パリの散歩道」を演奏されました。

この曲ご存じですか?あの羽生結弦のスケート会場で使われていた曲です。

Gibsonレスポールのハムバッカーピックアップが奏でる泣きのディストーションサウンド、「ゲイリームーア」ばりの演奏で感動しました。

そしてメインイベント!?

「突っ張りハイスクールロックンロール」がスタートです。

あの頃はこんなヤンチャもしましたね~。

みんなツッパリがとても似合っています(笑)

バンドの演奏も素晴らしかったし、懐かしいあの頃の制服を着て若返ったのではないでしょうか。誰が一番似合っていたかな~。

あどみん的には、この二人が群を抜いていましたネ(笑)

最後に今回「唐津っ子」に携わったメンバーで記念写真です。

今回、最後まで見れなくて残念だったのですが、みなさん素晴らしい演奏でとても楽しい時間でした。

普段は合わないし、顔も知らない人達が1つになれる。

音楽っていいな~♪と改めて感じました。

今回、本番までに何度か事前練習を行ったのですが、その時の模様はまた別途アップしたいと思います。