唐津よかとこ訪問4  銀河食堂の夜

今回は、唐津城の近くにある「銀河食堂の夜」さんにお邪魔しました。

唐津城方面からですと、橋を渡ってしばらくして左側にあります。

唐津市民でも、気にしていないと通り過ぎてしまうほど、町並みに溶け込んでいるのでこの看板を目当てにしてください。

古民家をリフォームされたようで、おばあちゃん家にタイムスリップした感覚です。

食事するお部屋もどこかの料亭を思わすような感じ。

メニューは

■ランチメニュー(11時30〜14時):
十種の小鉢の御膳  1,650円(1,815円)
甘味と七種の小鉢の御膳  1,650円(1,815円)
甘味と十種の小鉢の御膳  1,965円(2,165円)

■夜は前日までの要予約制
お野菜のみのコース 2,500円(2,750円)
お魚ありのコース 3,000円(3,300円)

があり、今回は夜の「お魚ありコース」を選びました。

その季節に美味しいお野菜を中心とした内容です。

10種類の小鉢が来るらしいのですが、まぁへっちゃらだろう!とこの時は思っていました。

その時々で料理の説明はしていただいたのですが、すいません。記憶があいまい。(笑)

食べ終わってしばらくしたら次のお料理がきました。

「ビーツのマリネ」・・・

これは「青じそそうめん、葉わさびのせ」・・かな

次に「ヒヨコ豆とおからのコロッケ」

ここまで食べてだいぶお腹が膨れてきました。

食事の最初に火を着けていたお釜から湯気がのぼってきました。

「ポテトとほうれん草のキッシュ」

これは確か「ムツの煮付け」かな

貴重なお魚ですね、とっても美味しかったです。

「お野菜炊き合わせ」と「赤いビーツとベジストックのあんかけ茶碗蒸し」

そうこうしてる内にご飯が炊きあがりました。

火が消えて10分くらい蒸らしてくださいとのでしたが、この10分を待つのが長かった。(笑)

お米が立っていますね~。

お味噌汁と漬け物を合わせて、ご飯をいただきます。

羽釜で炊いたご飯、美味しいですね。

これだけでご飯何杯かいけます。(笑)

メニュー表です。小説の世界に入り込んでしまいそうな。

おーっっと、最後にコーヒーとデザートが来ました。

もう、お腹がはち切れそうです。

お野菜系10品、物足りないかなと思ってお魚もつけたのですが、とんでもない勘違いでした。

行かれる方はお腹をすかしてからの方がいいと思います。

お店の看板娘、「みーみ」ちゃん

計算が終わってご主人と色々お話をさせていただいたのですが、お店やお料理を愛してらっしゃるんだなぁ~ということが伝わってきました。

ランチもやってらっしゃるので、ゴールデンウィークの一日にいかがでしょうか。

特別な日に大事な方と、女子会でお友達同士でわいわい・・

お店のホームページは こちら

Facebook  もやってらっしゃいます。