新しいポンプ車 笠原建設

今日(6/28)九州北部の梅雨明けが発表されたそうです。

えっ!

と耳を疑いましたが、梅雨入りが6/11頃だったのでなんと3週間も立たずに梅雨明けしてしまった訳ですね。

佐賀県のダムの貯水率、貯水量を確認したらこんな感じでした。

地元のダムは60%未満ですが、周りのダムが助けてくれる?・・

でも節水に協力しなければいけないですね。

笠原建設圧送部門に新しいコンプリートポンプ車が納車されました。

コンクリートポンプ車って何?と思われる方もいらっしゃると思いますので簡単に説明すると

建設現場や土木の現場で、コンクリートを打設したいけど、現場にコンクリートミキサー車は入らないし遠いんだよね~といった時、コンクリートポンプ車が活躍します。

絵のように、コンクリートミキサー車からもらった「生」のコンクリートを、ポンプ機能を使って圧縮してその勢いでとお~い現場に送りこむのです。

5階建てのビルの上や百メートル放れた現場などもあります。

そんな現場で活躍するポンプ車の新車で~す。

さすがにピッカピッカ、もちろんグループ会社の「サンコーメカニック」で仕上げています。

おしりのラインもかっこよくてセクシーです。

そして驚いたのが、このような商用車でも安全装備がしっかり付いていることです。

前車との距離を計るセンサーや

運転者が居眠りしていないかを見るセンサー

などが付いています。

これは当然なのかもしれませんが、運転席のシートがサスペンションシートなのですね。

あどみんが昔乗っていた「パジェロ」にも付いていました。

「ポワン」「ポワン」のシートで気持ちいいです。

コックピットは「バックモニタ」や「ナビ」も付いてバッチリです。

翌日、早速お祓いに行き安全を祈願しました。

この車をメインに運転するNさんと圧送部門のみなさん。

道路でも現場でも事故の無いよう・・・ご安全に!