新型ドローンの勉強会を行いました 笠原建設

みなさん、ゾンビランドサガというアニメをご存じですか。

アドミンもまだアニメを見たことは無いのですが、佐賀県内の観光地や街角などがアニメ内で色々紹介されているらしいです。

最近は、写真のマンホールの蓋が佐賀県内各地に設置されていて、ファンの方が写真を撮影してSNSに投稿されていました。

ちなみに唐津は、まいづる本店横の公園にあるようす。

絵柄には鯛山と青獅子、唐津城が描かれています。

GWの中、行く機会があればご覧になってみてください。

4/30 笠原建設工事部では追加で購入したドローン「Phantom4 RTK」の勉強会を行いました。

ドローンは導入して何年かたつので、殆どの人がその操作は経験しているのですが、初心者の人もいるので改めて大事な所からお話を伺いました。

プロペラがきちんと入っていないと落下するので改めてそのコツを練習

今回導入したRTKモデルは、ドローンで撮影した写真に精確なGPS情報が組み込まれているので、測量用途で使えるモデルです。

測量を行う設定についても説明を受けます。

ひととおり説明を受けたので、風速4~5mの強風の中でしたが外で飛ばしてみました。

測量を行う範囲を画面の中に設定します。

そして自動実行ボタンを押すと、コース内を自動で飛んで写真を撮影します。

撮影開始する場所までは結構な速度で飛んでいき、そこからはクルクル回って撮影します。

強風にも負けず頑張って飛行していました。

そして撮影終了すると、自動で開始した地点に戻ってゆっくり着地してくれます。

まだドローンを操作したことなかった人たちもこの機会に練習をしました。

最初は少し怖いイメージがありますが、ホバリングがしっかりしているので、慣れてしまえばそう難しくはありません。

最近入社された新人さんも先輩から操作を教わります。

無事操作できるようになりました。

とても気持ちの良い晴天です。ドローンのようにお空を飛べたら気持ちいいだろうなぁ・・

新しいドローンを導入しました 笠原建設

2021年も3月中旬になりソメイヨシノの開花宣言が聞かれるようになりました。

この季節は卒業式や人事異動で別れや出会いの季節ですね。

我が家にも旅立つ子がいまして、今は引っ越し用の荷物の準備、今までので生活で使用した物の片付けでとんでもないことになっています。(笑)

親としては、早く独立して欲しいという期待の反面、寂しくなるというなんとも複雑な気持ちですね。

昨日、笠原建設で新しくドローンを導入しました。

ドローンとしては今や有名となったDJIのPhantom4 のRTKというバージョンです。

従来のPhantomにはこのコブのような突起がありませんでしたが、今回これが追加になっています。

これはRTKというモジュールらしいのですが、機能としてはGPSのモジュールです。

この本体ともう一つのモバイルステーションを使いある仕事をします。

この姿をみてなんとなく想像できた方もいらっしゃるかと思いますが・・・

そうです 「測量」です。

この仕組みを示した図になります。

このモバイルステーションを測量の原点となる場所に置き(基準局)、これを基準にドローンが動き回って3次元での立体的な測量を行います。

測量する範囲を下図のように決めておく必要はあるのですが

これを指定しておくだけでドローンが緑色の線のルートを自動的に飛行し画像データを収集します。

この測量データは点群という形のデータとしてパソコンに取り込み、土量計算や掘削の計画に使用されます。

今までは、現場を一日もしくはそれ以上歩き回って行っていた測量業務をこの機械は数時間で終わらせてしまうのです。

IT技術を使うとどんどん便利になりますね。

これを使いこなすには勉強することも多そうですが、使いこなして仕事を楽にしましょう。

新社屋はここまで出来てます  その2  ユタカコーポレーション

平成30年(2018年)9月11日に ユタカコーポレーション新社屋の写真を掲載してから1ヶ月と18日ほど経過しました。そういえば、来年の今頃は元号が変わっていますよね。それを意識して西暦でも書いてみました。

年号とかが変わると色んな所に影響が出ますよね。

以前アドミンはコンピュータ系の会社で働いていたので、2000年問題の時には徹夜をしてお客様からのコールが無いか過ごしたのを覚えています。

一時期プログラムも書いていた事があるので、時間の計算が狂うとプログラムの中ではとんでもない誤動作をしてしまいます。きっとプログラムを開発している会社さんは既に準備に取りかかられてる事と思います。

今回も、元号が変わったあとは、しばらくは人間が誤動作してしまいそうですね(笑)

早速ですが、10月初めの新社屋の状況です。

前回の記事は こちら

事務所棟は鉄骨骨組みが組まれています。(DJI Phantomドローンの写真)

倉庫棟、車庫棟は基礎が出来てこれから鉄骨が組まれている状況です。

そして、近々の状況(デジカメの写真)

横から見るとまた違いますね。屋根部分にはコンクリートが施工されていました。

これは倉庫棟、こうやってみると結構大きいです。

車庫棟、沢山のコンクリートポンプ車などが並びます。

最後にトイドローンでの画像

 

建築は段々出来上がっていて、引越や事務所の中のレイアウトの話しも着々と進んでいます。

アドミンはそちらの一部も担当しているので、何かと忙しかったりして・・

 

そろそろ冬の準備、インフルエンザ予防接種を予約する時期ですね。

毎年、ワクチンが不足するので早めに対処された方が良いかと思います。

唐津伊万里道路(府招長田)で現場見学会が行われました       笠原建設

現在着々と工事の進んでいる「唐津伊万里道路」の一部であり当社が工事を担当している 国土交通省 九州地方整備局 佐賀国道事務所発注 府招長田地区改良工事の現場見学会が平成29年3月29日に行われました。



当日は、山口佐賀県知事、中村長崎県知事、国土交通省関係者、KOMATSU、当社関係者が参加しました。

佐賀国道事務所所長により工事の概要について説明が行われ

建設機材メーカ KOMATSUにより「i-コンストラクション」を使った工事手法についての説明が行われました。


i-コンストラクションについては、別記事 をご覧下さい。

現在唐津伊万里道路については 「南波田谷口IC」まで通じており、平成29年度中に伊万里東(仮称)まで通じる予定です。

当社ではこの未開通区間である「府招長田地区」と「上万場地区」の道路改良工事を携わっています。

この専用道路が伊万里~松浦まで通じると、いままで国道で長時間運転しなればならなかった区間が短時間で移動できるようになります。

唐津工業生インターンシップとインテリジェントマシンコントロール  笠原建設

何のこと? と思われるかもしれません。(笑)

唐津市山本、唐津自動車学校裏付近にある現場「松浦川管内掘削築堤外工事」では唐津工業高校生の長期インターンシップを引き受けています。

今回は土木部から江川唯人君を受入れ、現場での作業を色々体験してもらっています。

測量や

1 2

バックホーでの掘削や(免許はちゃんと持っています)

3

完成写真を撮ったり

4 5

学校ではなかなか出来ないであろう色んなな経験をしています。

そしてこの現場では最新の技術を使ったバックホー(ユンボやショベルカーとも言います)を使って作業を行っています。

KOMATSUのインテリジェントマシンコントロールという機能をもったバックホーです。

インテリジェントマシンコントロールとは

実際このような堤防を掘削する工事において

6

従来は掘削を行う為には丁張りという物を建てて、それを目印に掘削を行っていました。

cyouインテリジェントマシンコントロール、この機能を使うと削りたい位置までコンピュータがバケット(先っちょの部分)を誘導し、斜めでもその高さを維持してくれるので、削りすぎなどを防ぐことが出来ます。

9

バックホーの中にはこのようなパネルがあり、オペレータはこれを見ながら「バケットを手前に寄せる」等の操作を行うだけです。

10

これだったら精度の高い施工が出来ますね。

このインテリジェントな・・作業を見学する唐津工業生の 江川くん と大先輩 加茂さん

7 8

江川くんの話によると 「最新の技術を目の前で見ることが出来てよかったです」とのことでした。

本工事も最後まで無事故で完了しますように。

そういえば、この現場ではドローンを使って施工前写真を撮ってました。

高い位置からだと全体を見渡せていいですね。

d1 d2

ドローンテスト飛行      笠原建設株式会社

工事写真撮影の為にドローンを購入しました。

早速テスト飛行ということで、グループ会社「秀豊」でテスト飛行を行いました。

機種は「PHANTOM4」という最新機種です。

dsc_8019 dsc_8032写真撮影においてはスタンダードな型ですね。

測量等にも使える上位機種もありましが、当面はこれで練習です。

業者さんの説明にみんな興味津々

dsc_8035 dsc_8037私も簡単に説明を聞きましたが、上下、左右、旋回、前進 と4チャネルでの操作プラス、カメラの方向、ズーム、撮影といくつかの操作をしなければいけないので、ちゃんとした写真が撮れるまでには練習が必要そうです。

早速試験飛行ということで

dsc_8041脇山くん

dsc_8057本吉くん

dsc_8059杉山くん

dsc_8065が操縦しました。

dsc_8058 dsc_8053機械がいいのか、操縦がいいのか(笑)結構みんな上手です。

でも当日は旗が横になるくらい風が強かったので、そんなに高くには飛ばせませんでした。

dsc_8077

dsc_8086これでも40mくらいの高さですよ。通常150m以内は飛行可能ということなので、100m超えると豆粒でしょうね。

そうこうしてるうちに笠原社長もかけつけていただき、ドローン見学

dsc_8087 dsc_8092ドローン利用の可能性についての談義になりました。

ドローンって簡単に飛ばせるようですが、法律面や何かあった時の周りへの影響等を充分注意しながら飛行させなければいけません。

ただ、せっかく購入したものでなのでこれらに充分注意しながら業務に生かしていきたいと思います。

最後に、古川部長の子供のように無邪気な表情の写真で~す。

dsc_8074