美味しいお饅頭 笠原グループ

コロナで中止となっていたNHKのど自慢が先週再開され、今週佐賀県唐津市にもやってきます。

前回、私も見学だけには行ってきたのですが、今回笠原グループから2名が予選に参加するそうです。

無事、予選を通過し日曜日のステージに出ていることを期待したいと思います。

今週、10/5(月)は笠原建設グループにとっては記念の日でした。

笠原グループの先駆けとなる笠原建設の創始者、笠原 豊会長の命日です。

昭和37年12月に有限会社笠原運輸自動車整備工場を設立された後、本業の土木建設業である笠原建設の発展に寄与されつつM&Aを行い今では笠原グループ6社、関連会社2社にまで成長しています。

<笠原グループ>

笠原建設株式会社

株式会社サンコーメカニック

株式会社唐津自動車学校

株式会社秀豊(しゅうほう)

株式会社笠原電設

株式会社ユタカコーポレーション

<関連会社>

株式会社松浦重機、株式会社松浦重機東北

これも先代会長、笠原秀子社長、松浦重機 笠原道明社長の努力の賜かと思います。

10/5はこれを記念して本当はイベントを計画していたのですがコロナで中止となりましたので、今回は記念の饅頭が配られました。

笠原グループのシンボルである☆マークの焼印が入った千鳥饅頭への特注品です。

早速食してみたら、いつもは張りのある皮が

「フカフカ」

でとっても美味しく頂きました。(満足)

今年の12月で創立58年

これからもお客様の声を第一に真摯な施工、サービスの提供を行っていきたいと思います。

また、新しい事にもチャレンジして、ふるさと唐津市の成長と共に企業としても成長していきます。

笠原グループとお付き合い頂いている皆様、これからもよろしくお願いいたします。

虹の松原ボランティア清掃 笠原建設、笠原電設、ユタカコーポレーション

今日は11月4日文化の日振替休日ですが・・当社は出勤日なので仕事してま~す。(泣)

笠原グループのある佐賀県唐津市では、唐津くんちの最終日です。

今年は、現地で見学できませんでしたが、唐津ケーブルテレビのぴーぷる放送でオープニングを見ていました。ご興味のある方はyoutubeで「唐津くんち2019」で検索すれば沢山出てきますのでご覧ください。

中でも、宮島醤油ちかくは鋭角なカーブを勢いよく旋回するので、迫力のある映像が見れますよ。 ココ

さて、今回は毎年恒例の虹の松原ボランティア清掃の話題です。

今年は秋の気持ちいい風が吹く中、引越した石志地区の3社「笠原建設」「笠原電設」「ユタカコーポレーション」の3社総勢25名で清掃活動を行いました。

虹の松原の場合、清掃活動とは言っても単純にゴミを拾うのではなく、どちらかと言うと松を健康に育てる為の活動になります。活動の流れとしては

・雑草を抜く

・松の枝、松ぼっくりなどを拾う

・松葉を回収する(再利用されるらしい)

という内容になります。

この松の枝、松ぼっくり拾いが普段運動をしない人にとっては、結構きつい・・

しゃがんで、拾って、立ち上がって、移動して の繰り返しなので、スクワットをやってるようなものです。

自分はそうでもなかったのですが(強がり)、くる人は翌日太ももがパンパンになります。

ベトナム実習生のチョン君は若いし、普段体を使っているから大丈夫ですね。

電設の福田君は、ぎり大丈夫かな。

この二人もかろうじて(笑)大丈夫でしょう。

なんだかんだ、1時間30分ほど作業したらすっかりきれいになりました。

施工前: 結構、松葉とか枝とか落ちているでしょう。

施工後:きれに砂地が出ていますよね。この環境が松にはいいらしいのです。

この日頑張ってくれた25名の今日一番の笑顔です。

外の空はすっかり冬空です。これから年末に向けてダッシュでいろんなことを終わらせなくてはいけません。

皆様もあわただしくなる中、事故など起こさぬようご安全に!


建設マスターを受賞しました  笠原建設株式会社

今朝の気温は9度でした。

だいぶ秋らしくなりましたね。

これから山も紅葉が見られ、食べ物も美味しくなり、冬支度も進むことでしょう。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日の話題は、先日技能実習生の話題で紹介した当社「コンクリート圧送部門」の社員が、コンクリート工で建設マスターを受賞したという話題です。

建設マスターとは

「優秀施工者国土交通(建設)大臣顕彰者の通称で、建設現場において工事施工に直接従事し、優秀な技能・技術を有する建設技能者を「優秀施工者」として国土交通(建設)大臣が顕彰すること」

と書かれ、受賞するということはとても名誉なことです。

竹尾さんは、平成5年に当社に入社し、25年間コンクリート圧送部門一筋に施工に当たられてきたベテラン社員です。

まじめかつリーダーシップを持って業務や部下の指導に当たられて、次の圧送部門を担ってくれる人員の一人です。

これで当社の建設マスター受賞者は5名となりました。

この他にも登録基幹技能者(*)を有しているコンクリート圧送工も在席します。

これからも、これらの経歴を活かして益々業務に勤しんでくれることと思います。

 

秋といえば、当社のある唐津市では唐津くんちのシーズンとなりました。

唐津くんちは、もともとは唐津神社の秋季例大祭の一つで、唐津市内の町に配置された14台の山笠を町内の人達が引き、町を練り歩くという行事です。

この時期、山笠をひく人は唐津を離れた人でも、盆・正月には帰省せずとも、くんちの為だけに帰省するという人も多いそうです。

唐津市内でくんちのお祝いをされているご家庭のごちそうも美味しいんですよね~

この時期、くんちのおはやしの音色を聞くと自然と体が動き出します。

小学生の頃は、くんちが近くなると授業も上の空で(笑)聞いていた覚えがあります。

 

唐津くんちは、今年も11/2の宵山にはじまり、11/3,4と大くの方々が訪れることになるかと思います。

みなさん、バルーンもいいですがぜひ唐津くんちにお越しくださいませ。

詳細な情報は こちら まで。

 

(*)登録基幹技能者とは

一般財団法人建設業振興基金が定めたもので、熟達した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進めるためのマネジメント能力に優れた技能者で、 専門工事業団体の資格認定を受けた者に与えられるそうです。