トップイメージ
笠原グループ文字
この機動力は県内唯一!
土木・建設工事におけるワンストップサービス
この機動力は県内唯一!
土木・建設工事における
ワンストップサービス
笠原グループの強み
ここが違う
“どうしよう”
そんなときのために
笠原グループがある。
“どうしよう”
そんなときのために
笠原グループがある。
笠原グループには、土木・建設工事における各工程の専門会社が集結しています。そのため、災害などの緊急工事でも、重機・資材・人員の調整を柔軟に迅速に行うことができ、お客様にワンストップでサービスを提供することができます。土木・建設工事は、人々のライフラインや生命に直結する重要な仕事です。グループが一つとなり、これからも大切なふるさとを創り、そして守り続けます。
グループについて

トップメッセージ

トップメッセージ

代表者の写真
笠原グループは、昭和37年12月に笠原建設の礎となる有限会社笠原運輸自動車整備工場を設立し、唐津・佐賀の「道路・水道・建物・燃料」などの社会基盤を支える企業として成長してきました。

さらに、独立やM&Aなどを経て現在では6つのグループ会社を有しています。

近年のグループ各社を取り巻く環境は決して楽観できるものではなく、変革の時を迎えています。

若年層の後継者不足による次世代への技術継承は早急な課題となっており、当グループにおいても女性技術者や外国の方々を積極的に採用するなどの取組を行っています。

また、技術面においてもお客様から求められるサービスや品質はより高度なものとなってきており、当グループにおいても、建設ICT(情報化施工)やIT技術を使ったソフトウェア・検査機械などを導入し常に技術革新を進めています。

ふるさと佐賀・唐津に育てていただいた笠原グループは、これからもお客様の立場に立った、お客様に求められるサービスをご提供することを一番に考え、地域と共に発展していけるよう挑戦し努力していく所存です。

今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
笠原グループ 代表取締役 笠原 秀子

笠原グループのビジョン

笠原グループのビジョン

「地域や社会の人々にとって、無くてはならない存在である」
「明日のふるさとを創り守る」

笠原グループの歴史

笠原グループの歴史を写真でふりかえる

歴史写真A
歴史写真B
歴史写真C
歴史写真D
歴史写真E
歴史写真F

沿 革

昭和37年12月㈲笠原運輸自動車整備工場設立
昭和40年3月㈲笠原運輸建設へ商号変更
昭和43年10月唐津自動車学校経営開始
昭和44年9月笠原ビル建設
昭和45年2月㈲笠原建設へ商号変更
昭和48年10月松浦重機開設
昭和54年11月笠原建設㈱へ商号変更
昭和56年2月唐津圧送開設(コンクリート圧送)
昭和61年8月笠原興産神田給油所開設
昭和62年7月コア・スポーツクラブ開設
昭和62年12月サンコーメカニック経営開始
平成6年2月運送部門を分離し笠原産業とする
平成13年7月ISO9001(品質マネジメントシステム) 取得(笠原建設)
平成25年6月ISO14001(環境マネジメントシステム)取得(笠原建設)
平成25年6月OHSAS18001(労働衛生マネジメントシステム)取得(笠原建設)
令和元年5月株式会社ユタカコーポレーション 新社屋完成(事務所移転)
令和2年6月OHSAS18001からISO45001(労働衛生マネジメントシステム)に移行(笠原建設)