表彰状を頂きました 笠原建設

先月になりますが4月28日に佐賀県舗装部会の通常総会があり、笠原建設の藤岡さんが優秀職員として表彰されました。

藤岡さんは、笠原建設の公務課に所属されています。

入社されて18年と超ベテランで若い社員の面倒見がよく、周りの人からも慕われる存在です。

当日参加された皆さんと一緒に記念写真です。

藤岡さんは普段、建設土木現場で土木施工やアスファルト舗装

ストリートプリントなどのお仕事をされています。(浜崎駅前のストリートプリント)

あどみんも以前ストリートプリントで何度か一緒にお仕事をさせて頂いたことがあるのですが、無口で黙々と仕事をする職人的な感じかと思っていましたが(呼子朝一のストリートプリント)

時々見える笑顔がとても素敵で、ダンディな藤岡さんです。

これからも先輩方の技を会得しながら、公務課を引っ張っていってくださいね。

ストリートプリントで駅前が華やかに 笠原建設

世の中はゴールデンウィークがスタートしましたが、当社は本日出勤でございます。

今年はコロナ規制が外れているので、どこも人が多いですね。

感染予防をしながら十分楽しみたいと思います。

久しぶりにストリートプリントの話題です。

アスファルト舗装に型を使って模様をつけ、色を付ける ストリートプリント 工法。

笠原建設では2010年からこの工法を手探りで初めて12年、数多くの実績が出来ています。

今回は佐賀県にある、駅前3カ所をストリートプリントで施工しましたので報告します。

まずは

牛津駅

あどみんも初めて伺った駅なのですが、駅舎はレンガ風のおしゃれな建物でインスタ映えしそうです。

駅側から道路を見てみると

アップで見ると

歩くのが楽しくなりそうです。

続いて

佐賀駅北側

ファミマ側から撮影

コーナーもこううんな(笑)感じです。

社線反対側から。

歩道と自転車レーンがはっきりした色で分かりやすいです。

最後に唐津市の

浜崎駅

浜崎近辺は最近開発が盛んで新しい家や商業施設がたくさんできています。

これに絡めてかどうかは分かりませんが、駅舎も新築されました。

重厚的なデザインですね。

駅北側のペイント、色合いが優しくていいですね。

つづいて、駅南側

左側のグレーの部分は、みかげ石風の塗装です。

黄色も入って鮮やかですね。

これがアスファルトなんて、とても思えませんね。

ホームへの入口もみかげ石風の塗装です。

これら3カ所の工事、ちょうど工期がかぶってしまって毎日のように担当者と施工担当は現場に出向いていました。

ある人はこの工事で5kg痩せたでそうです。

肉体労働ではないですが、立ったりしゃがんだり、同じ姿勢を保ったり、結構ハードですものね。

こんなにきれいに仕上げて頂きありがとうございます。お疲れさまでした。

地域貢献活動 笠原建設

3月も終わりに近づき、桜が満開になりホトトギスの鳴き声も聞かれるようになりました。

年度末でバタバタされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

慌てず急がず、事故など起こさないように落ち着いて行動をお願いしますね。

笠原建設では唐津駅裏の町田川の河川工事を行っていました。

今回受注した工事も終わりとなり、同地区で工事を行っていた「株式会社創建さん」と地域貢献活動ということで「うなぎ」の放流を行いました。

町田川には、環境省・佐賀県のレッドリストに記載された「ニホンウナギ」「ヤリタナゴ」などの魚類が生息しているらしく工事の最中にも発見したそうです。

施工内容にもこれらの魚が住みやすくなるような工夫がされていましたが、今回「うなぎ」を放流することでさらに繁殖してくれればと思います。

当日は朝から結構な雨が降り一次はどうなることかと思いましたが(笑)、放流の時はなんとか小雨になってくれてよかったです。

放流が始まる前に周辺の掃除を・・

今回放流するウナギ、総勢300匹ほどです。

中には途中で逃げだそうとするウナギも・・

会が始まり、笠原建設よりご挨拶

発注者である唐津土木事務所からご挨拶

佐賀玄海漁協からご挨拶

今回、当初は稚魚を放流する予定だったのですが、シーズン的に用意出来なくて急遽、佐賀県庁水産課、佐賀玄海漁業協同組合、地元漁業者(満島・妙見・唐房地区)の方に協賛、ご協力をいただき「うなぎ」を用意し会を開催することが出来ました。

関係者により放流を開始~!

慣れない場所なのか、なかな散らばってくれません。

大きくなってまた戻ってきてくれよ~。

肥前呼子線現場訪問 笠原建設

笠原建設の現場訪問、今回は唐津市竹木場のセブンから肥前町方面に行く道路を右に入り、大良方面に行く途中で建設している下部工の現場に行ってきました。

この付近に道路が出来るらしく、その道路の足下にあたる下部工という土台を作っています。

こんな感じの出来上がりになります。

現状はこんな感じ。

足場に囲まれて、その中身はコンクリート構造物を作る為の型枠があります。

ぱっと見、ジミ~に見えるのですが、型枠をくみ上げる作業は細かい作業の積み重ねで、熟練工でないとできません。

この写真の2ヶ月位前に撮影した上から見た写真

今回特別に足場の中も見学させていただきました。(安全に配慮した上で)

まともに歩くと頭(ヘルメット)をぶつけてしまいそうな足場をくぐりぬけます。

側面は木で出来た型枠です。

ヘルメットを何度かぶつけながら(笑)階段を上まで上っていくと、こんな景色が見えます。

中心には既にコンクリートを打設して固まった物が見えますね。

今後はその周りの鉄筋の部分に、コンクリートポンプ車とミキサー車を使ってコンクリートを流し込みます。(カマキリの足のようにも見える)

最終的にはこんな感じに出来上がります。

現場のみなさま、毎日寒い日が続きますが、最後まで安全に無事故でお願いしますね。

町田川現場訪問 笠原建設

久しぶりに笠原建設の現場を訪ねてみました。場所は唐津駅の南側にある町田川(ちょうだがわ)です。

この付近は過去洪水などで災害がおきやすい場所らしく、今回の工事で川底を深くして水の流れる量を増やすというのが工事の目的です。

東側から現場を覗いてみるとこんな感じです。

川の中に道路を作って重機やダンプが走るってすごくないですか?

泥ってやっかいなもので、ちょっと雨が降るとズルズルに滑ります。

最初はトンパックと呼ばれる袋に泥と石を混ぜたものを作り、現場に持ち込んで工事用の道路を作る所から始まります。

川なので水はあって当然なのですが、これをポンプで出したり、雨水や海の水に気を使いながら仕事を進めていきます。

現場ではいま、木の杭を打って

大きな石を並べる作業が進んでいました。

この石って何の為に必要か分かりますか?

川などに住む生物が暮らしやすくする為です。

この川には様々な植物やニホンウナギ、タナゴ、ドジョウなどの魚類、サギなどの鳥類が生息しているらしく、これらと共存していくため、こういう構造にしているそうです。

実際、工事中にニホンウナギにも出会ったそうですよ。

これだったらお魚さんも住処を作りやすそうですね。

お~っと、レベルを使って施工高をチェックしている笠原建設の社員を見つけました。

現場所長にこの現場で苦労していることは何ですか?と訪ねたら

「街中の現場なのでご近所さんに騒音や震動でご迷惑をおかけしていないか、通学で学生さんが通られるので安全面などに気を使っている」

とのことでした。

工事の段取りから、お客様との打合せ、近隣住民への配慮まで何かと大変だとは思いますが、これからも安全第一で品質の高い工事をお願いしますね。

ボランティア清掃 笠原建設

今日1/10(月)は成人の日で祝日です。

20歳を迎えられた成人の方、親御さんおめでとうございます。

あどみんの娘も、昨年雪の中車にチェーンを付けて成人式に連れていったことを思い出しました。

着物も最初は着ないといっておきながら、途中から着ると言いだしたので着物や写真屋さんの手配で振り回されたことも・・・

それでも一生に一度のことなので、今となってはいい思い出ですね。

この日笠原建設、笠原電設、ユタカコーポレーションは出勤でしたので、朝の早い時間ボランティア清掃が行われました。

いつもは、虹の松原の保全活動を行うのですが、今回は初めて社屋前の道路を清掃しました。

はじめる前に注意事項などの説明を受けました。

通勤途中の道路でもあり、前々から「結構草が伸びてるな~」と気にはしていたのですが、ようやく実現することができました。

会社から右(石志方面)

会社から左(大杉方面)

各自、思い思いの道具を手に除草活動を行います。

草も当然あるんですが、その下に泥が蓄積していてこれを取るのが結構大変でした。

ある程度蓄積できたら、軽トラ・2tダンプで回収します。

すっかりきれいになりました。

あどみんはタイミング悪く、ギックリ腰をやってしまったので貢献出来ませんでしたが、次回は必ず・・リベンジを果たします。

年の始めに体に関するこういう事があると、今年一年注意しなきゃな!という気になってかえってよかったりします。

九州まちづくり音楽祭に参加しました(後編) 笠原建設

「九州まちづくり音楽祭」後半戦になります。

これだけのメンバーが夜20:00まで演奏されました。

後半1番バッターは「神崎美子」さんグループです。(多分、記憶があいまい)

佐賀大学に在学中で来年は国土交通省を受検する予定と言われていました。

歌声も素敵でしたが、ちょっと垢抜けした容姿に会場中の男子が目を奪われました。

私的にはこのバンドのリードギターさんが「めっちゃ」上手くて撮影の傍らずっと眺めていました。

続いて、「TLDW」さん、懐かしの「永渕剛」オンリーで熱唱されていました。

この時代の方々は「順子」とか「乾杯」とか盛り上がれる曲ですよね。

続いて「K-One’s Heart」さん、地元神崎でバンド活動をされている方々で女性ボーカルの方の歌声がとても魅力的でした。

続いて佐賀大学のアカペラサークル「MORINAGA」さん

若いって素晴らしい、歌声はもちろんバッチシでしたが衣装もクリスマスを意識して頂いて良かったです。

そしてようやく我が「唐津っ子」の登場です。

Fさんのリードギターによる唐津くんちのおはやしから始まり

当社社員の「エンヤ」「エンヤ」のかけ声が加わります。

そして笠原建設工事部技術者のZさんがボーカルで入り

昭和の歌謡曲を熱唱してくれました。

本人はまだ生まれていない世代ですが、当日まで熱心に練習しました。

その後Zさんが衣装替えに入り、その間Fさんが「パリの散歩道」を演奏されました。

この曲ご存じですか?あの羽生結弦のスケート会場で使われていた曲です。

Gibsonレスポールのハムバッカーピックアップが奏でる泣きのディストーションサウンド、「ゲイリームーア」ばりの演奏で感動しました。

そしてメインイベント!?

「突っ張りハイスクールロックンロール」がスタートです。

あの頃はこんなヤンチャもしましたね~。

みんなツッパリがとても似合っています(笑)

バンドの演奏も素晴らしかったし、懐かしいあの頃の制服を着て若返ったのではないでしょうか。誰が一番似合っていたかな~。

あどみん的には、この二人が群を抜いていましたネ(笑)

最後に今回「唐津っ子」に携わったメンバーで記念写真です。

今回、最後まで見れなくて残念だったのですが、みなさん素晴らしい演奏でとても楽しい時間でした。

普段は合わないし、顔も知らない人達が1つになれる。

音楽っていいな~♪と改めて感じました。

今回、本番までに何度か事前練習を行ったのですが、その時の模様はまた別途アップしたいと思います。

九州まちづくり音楽祭に参加しました(前編) 笠原建設

昨年も参加した「九州まちづくり音楽祭」に笠原建設のメンバーが参加しました。

まず「九州まちづくり音楽祭」とは何か?について説明します。(掲示物より抜粋)

九州地方整備局は、福岡市に本局を置き、九州各地に43の事務所を持つ国土交通省の組織です。河川、道路、建築物、公園等の整備を通じて、活力のある九州を作り出すため仕事をしています。普段、そんな「ちょっとカタい」仕事をしている私たちですが、音楽の話になると別。「学生時代はフォークやってました」「ハードロック好きで定期的にバンドやってます」「事務所の送別会でバンド結成しました」・・音楽好き職員が意外にもかなりの数いることが判明。「それじゃあ一度、九州中の音楽好き職員に声かけして、音楽祭をやろう!」と2012年に始まったとのことです。

とのことで、とにかく音楽好きは集まれ~♪とのことで笠原建設もお誘いいただき参加させて頂きました。

あどみんも撮影班ではありますが音楽大好きなので、ワクワクしながら参加させていただきました。

今年は、佐賀県神崎市背振の素敵な場所で開催されました。

多分、昔分校だった校舎でしょうか。小学校時代を思いだすようなたたずまいで、中には食堂があり布団なども置いてありました。

夏は、宿泊してバーベキュー、キャンプファイヤーなどやったら楽しいでしょうね。

早速、実行委員帳の興梠様から挨拶がありスタートしました。

トップバッターは、沖縄歌謡を披露していただいた「島うむいの会」の方々です。

旧職で3年ほど沖縄で働いたことがありますが、あの三線の音を聞くとつい踊り出したくなりますね。

つづいて「菊池川音楽隊」のみなさま

バンド演奏はもちろん、素敵な歌声を聞かせて頂きました。

そして、昨年のこのイベントでも料理の腕を振るわれたT部長、今年も力が入っています。

女子社員も驚き!巻き寿司やいなりもあります。

続いて「さとちゃんず」のお二人、素朴な歌と素敵なギター演奏でした。

続いてガチガチのロックバンド「BlackMist」さん、確かボーカルさん以外ご家族さんで、ドラム、ベース、ギターの演奏はプロ並みでした。(使ってらっしゃる機材もすごい)

もしろん、男性ボーカルは張りのある声で山下達郎あたりを歌ってもらうといいかも。

当日は12月ということもありとても寒く、場内にあった焚き火にあたりながら応援しました。火にあたるってなんかいいですね~。昔よくやったキャンプを思い出します。

続いて、「MORINAGA」さんこちらも本格的なバンド演奏でした。

前の方にいらっしゃった方々、ノリノリです。

そうこうしてるうちに、もう一つのメインイベントであるBBQの準備が始まりました。

沢山炭を入れて速く火をおこそうという気持ちは分かりますが、一度に沢山入れると火はつきませんよ。O君

まだまだ続きますが、今回はこの辺で。2部に続きます・・・

幸せの黄色い○○ 笠原建設

笠原グループのある佐賀県唐津市石志、そこから車で30分ほど行くと

「環境芸術の森」という紅葉がとてもきれいな場所があります。

ちょうど今見頃になっているようなので、みなさんも一度行かれてみてはどうでしょうか。

場所は「佐賀県唐津市厳木町平之667」厳木温泉の入口付近から山の方に入って行きます。

紅葉見物の後、温泉でひとっ風呂・・いいですねぇ。

詳しい情報は こちら をご覧ください。

笠原建設では道路工事や河川工事などを多く手がけていますが、これ以外にも維持という仕事があります。

道路の巡視や維持補修、除雪などを行う仕事です。

今回はこの巡視に使用する車両を用意しました。

もともと現場のパトロール用で使用していたダイハツの4WD車を、急遽グループ会社である「サンコーメカニック」に依頼して黄色にペイントしてもらいました。

普段遠目にしか見ていなかったパトロールカーですが近くで見るとかっこいいです。

さらに最新のパトライトが付いているので

さらにかっこよさがマシマシです。

車内にスイッチがあって(写真無し)その設定によってナイトライダーばりの発光が出来るそうです。

もちろん、この機能はお仕事でしか使いませんよ。

そして、もし唐津市内でこの車を見かけたら・・

何かいいことがあるかもしれません。

だいぶ見えてきました 笠原建設

11月3日は日本レコード協会により制定されたレコードの日でした。

16時からFMラジオでこれにちなんだ特別番組があり、聞いていたら

「レコードに針を落とし聴いていると、その当時の情景が蘇る」

というお話をされていました。

あどみんは中学高校時代がまさにこの頃でして、当時はとあるギタリストやジャズのレーコードを聴いていたことを思い出しました。

アナログ盤はデジタル音源と違って音の広がりというか深みも違うんですよね。

今晩あたりまた聴いてみようかな。

1年前から笠原建設で工事を進めている、七山・富士町方面に向かう道路である323号線の工事がだいぶ進んできました。

当初はこんな感じで道路を走行された方は

「あっ、木の柱が高く積み上げられていた、ここね」

とご理解いただけると思います。

最終的にはここを削って道路にする為の工事を笠原建設で行っています。

重機が入って泥や石を出している様子です。

この現場では毎日10台ほどのダンプトラックを使って配送し、最終的には3.5ヶ月の期間を使って3,400台分の泥や石を搬出しました。

その現場がいまではこんな感じに様子を変え、あとは道路として必要な工事が行われています。

このカーブが無くなるとだいぶ走りやすくなりそうです。

完成はいつなのかな? 最後まで安全にお願いしますね。

美味しいたまごサンド 笠原建設

今日はかなり久しぶりにグルメな話題です。

笠原建設で開店のお手伝いをさせていただきました

Egg Garden MINORI

さんが本日 2021年10月14日にオープンされました。

場所は、唐津おさかな村の右横、農家直営スイーツ店さんの左

にあります。

MINORI さんは、唐津市民であれば一度は食べたことがある?「たまご色のケーキ屋さん」の系列らしく、ここではみのり農園さんの新鮮な卵を使った

「だし巻きたまご」

「サンドウィッチ」

などを販売されています。

10時に開店でしたので行ってみたら、もうたくさんのお客様が並ばれていて、入れそうに無かったので暫くたってから再度行ってみました。

いきなり美味しそうですよね~。

この時お店に並んでいたものをご紹介します。

定番のたまごサンド、あどみんの大好物です。

紅あづまと紅玉のサンド

最近多くの店で見かけるようになりました。ミックスフルーツサンド

だしが決め手、出し巻きたまごサンド

サンドイッチ以外にも、MINORI プディング

なるほど、たまごと言えばマヨネーズ

あどみんは食いしん坊なので、早速購入してお昼ご飯でいただきました。

じゃ~ん。

とっても「ボリューミー」なたまごサンドで、これ一つ食べただけでお腹がいっぱいになりました。(お腹すいてきたでしょ)

今度は今回食べれなかった

「出し巻きたまご」

も食べてみたいと思います。

皆様も、お魚村の新鮮な魚介類といっしょにいかがでしょうか~。

表彰状を頂きました 笠原建設

今日から10月、夏から秋そして冬へあっという間に季節は移り変わっていきます。

緊急事態宣言も解除されこれからは人の動きも活発となり、経済も少しは回っていきそうですが、引き続き感染防止対策は怠らないようにしたいと思います。

でも、この景色にあるような温泉宿にも行ってみたいなぁ・・とも思う今日この頃です。

少し前の話になりますが、国土交通省さんから2つの現場で表彰を頂きました。

1つ目は、優良施工業者 として「嘉瀬川尼寺地区河道掘削工事」の現場です。

場所は、佐賀大和インターとヤマジャス(現イオン)の間位にある河川道を整備する工事です。

笠原建設の事務所からすると結構遠い場所なのですが、当社の直営部隊(重機オペレータ・工務課)が行き工事を行いました。

現場に竹が結構生えていたらしく、これを使って竹炭を作って地元にも配り喜ばれていたそうです。

当現場を担当した脇山君も「優秀現場代理人・主任(監理)技術者」として表彰されました。

そして、2つ目 働き方改革促進 優秀施工業者 として「佐賀497号府招地区2工区改良工事」の現場が表彰されました。

場所は、西九州道唐津伊万里道路で現在府招インターが終点になっていますが、その先を延長する工事になります。

工事の最中何度か現場にお伺いしたのですが、山ということもあって沢山の木の根が出ていたのを覚えています。

こちらが現場の表彰状

そして現場担当の小林君も「若手優秀技術者」として表彰を受けました。

西九州道も伊万里松浦道路~佐世保までつながったら西九州方面へのアクセスはかなり短時間になり便利になるでしょうね。

私たち卒業します。 笠原建設

最近雨が続いていましたが久しぶりに晴れました。

しばらく晴天が続きそうなので布団干しなどができそうです。

ちょうど3年前、笠原建設のコンクリート圧送部門ではじめてベトナムの技能実習生を受け入れました。

そして、今日2021年8月27日彼らはその期間を終えてベトナムに戻ります。

この写真は今年「3級技能実習検定」を受検してその合格証を頂いたときのものです。

ヴィン君

チョン君

二人揃って

2018年の今頃アドミンは技能実習生の生活指導員という役割を担っていたので、実習生を迎える為に寮の準備をしたり生活用品や自転車を買いにいったりしていました。

ベトナム語も1年位勉強しましたが、使わないのですっかり忘れてしまいました。(泣)

その頃を思い出し、そして居なくなるということを考えると目頭に熱いものが・・

そんな思い出に浸りながら、いままで撮影した写真を探してみました。

入社早々、社員教育を通訳さん経由で受けています。

よくやっていただいた通訳のフエさんと

コンクリート圧送の現場をはじめて見ました。

ボランティア清掃で

ボーリング大会で賞をもらうヴィン君

虹ノ松原清掃で

後輩ドン君と

みんなで

後輩フォン君と

歓迎会の時はサシミは食べれないと言ってましたが、今はどうでしょうか。

お酒はとっても強かったです。

圧送部門と笠原社長との親睦会

そして一番お世話になった圧送部門の長、山川次長との3ショット

今朝の朝礼ではしっかり日本語で「3年間お世話になりました」と挨拶してくれました。

コロナの影響でベトナムへの入国が出来ず、あと半年位伸びると想定していました。

それが2日前に大使館に申し込んでいた抽選に当選したとの連絡があり急遽帰国となりました。

今日の夕方チャーター便で出発し、到着地で2週間、地元で2週間コロナの経過観察があり、ようやく家に戻れるそうです。

それでも国に帰れるのはやっぱりうれしいでしょうね。

ベトナムに帰って家族孝行・親孝行してくださいな。

3年間お疲れ様でした。そして元気でね!

表彰状を頂きました 笠原建設

8/11頃から降り始めた雨は8/14まで降り続き武雄市や唐津市などあちこちが冠水、崖崩れなどを引き起こしました。

出勤日の今日もけっこうな雨が降っており、まだまだ余談を許さないような状況です。

大雨により被災された皆さまへ このたびの集中豪雨により、被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

今回の雨は、降る量も多かったですが、降っている時間が長かったです。

晴れ間無くず~っと降っていました。

これから冠水したお宅の片付けや、道路の復旧など行われていくと思いますが、熱中症やコロナに注意されながら無理せずお願いします。

笠原建設では先月国土交通省と唐津市から表彰を頂きました。

まず、国土交通省からは「工事成績優勝企業認定書」というもの頂きました。

工事成績優秀企業」とは、国土交通省が作成する「工事成績評定企業ランキング」で、請負工事成績評定の平均点が80.0点以上となった企業です。

ということは、平均して成績の良い(品質・出来高の良い)工事が認められたということになります。

当日の表彰式では、笠原建設 取締役 営業部長の武富が参加しました。

さらに、唐津市からは施工管理施工技術が優れているということで、昨年工事した「東城内町田線(まいずる999からラッキーパチンコ間)の道路改良工事(笠原建設・釘本建設JV)が表彰されました。

これらの表彰は現場の方はもちろん、これを支えてくれた方々がいらっしゃるから出来た事だと思います。

これからも地域に住む方々の為に、素晴らしい技術・管理手法を活かして工事をお願いします。

あのキャラクターを描いてみた! インターンシップ3日目 笠原建設

巷ではコロナ陽性者が増加していると言うニュースと、オリンピックで金メダル~!というニュースが最近のトレンドかと思いますが、スポーツ選手のあの頑張っている姿を見るとついついこちらも力が入ってしまいます。

こんな中「メダルが取れなくてもあなたは最高」というメッセージを選手村近くで掲げる男性ということでSNSで取り上げられていました。この方のメッセージとして「選手の皆さんがメダルのプレッシャーに押しつぶされそうになって競技しているのが伝わってくるので、ここに来た時点で最高レベルですよ」というこの思いやりがとても素晴らしいなぁと感じました。

パラリンピックも含め9月頭まで競技は続きますが、メダルのプレッシャーに潰されず、最善の体調・メンタルで望んで欲しいと思います。

(2021年8月2日 6時03分 NHK NewS WEBより一部文章引用)

前回まで唐津工業高校生のインターンシップの話題をお届けしておりましたが、本日が最終回3日目です。

今回は最新の測量機材を使って絵を描いてみよう!ということでチャレンジしてもらいました。

最初に今日やる内容を同じ唐津工業高校出身の江川君が説明しました。

最初に、今回書くキャラクターの絵をCADに取り込み、点(XY座標)データを作成します。

このデータを光波という機械にUSB経由でとりこみます。

ここまで出来たらまずは従来の光波だけで測量を行いました。

この方法は、光波の人がピンホールを持った人に「右に何cmとか後ろに何cmとか」やりとりしながら点を取っていきます。つまり光波とピンポールの二人作業になります。

これとは対照的に、杭ナビではピンポール担当がスマホを持っていれば座標の位置が分かってしまうのです。

今まで光波担当が「右左とか後ろ前とか」指示していたのをスマホが指示してくれます。(スマホで遊んでいる訳ではありません(笑))

これだと一人で作業ができますし、作業時間的にも半分以下ですんだそうです。

最後に指示した点を線で結び絵を仕上げます。

さて何の絵が出来たでしょうか、笠原電設の高所作業車に乗って確認します。

ジャーン!

地面が白なので分かりづらいかもしれませんが

鬼滅の刃の嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

です。

当社担当によると今回は機械課の方も参加されていたので最初は扱えるか心配だったそうですが、やり方を覚えれば高校二年生でも作業できたので改めて杭ナビの利便性に感心したとのことでした。

この技術、高校でも活かせますね。そう体育祭のバックの絵描き!

インターンシップを受け入れました 2日目 笠原建設

夏も本格的になって毎日溶けるような暑い日が続いています。

若い頃は毎年のように標高の高い山に行ってキャンプをし、涼しい山の中で夏を過ごしていました。天然クーラーはとても気持ちのいいものです。

前回、インターンシップの話題をお届けしておりましたが内容が盛りだくさんな為、3回に分けてその模様をお届けします。

2日目は西九州自動車道 唐津伊万里道路 の基礎工事(杭工事)を行っている木須地区で職場体験を行いました。

午前中は現場の見学を行っていたそうですが、あいにくの雨で午後からは安全訓練などを学びました。

業界の方であればすでにご存じかと思いますが、KY活動(危険予知活動)です。

あらかじめ決められた絵をみながら、この現場に潜んだ危険個所を洗い出し、どの程度の危険度かを分析し、どういう措置が必要かなどを検討します。

高校ではこのような学習はしないと思うのでいい経験になったのではないでしょうか。

危険予知はどのような場面でも有効なので、これを活かすような話も少ししました。

まとめが終わったら、一人ひとり発表してもらいました。

発表の内容を私も聞いておりましたが、結構ちゃんとした内容で感心しました。(笑)

この後は、現在行っている唐津伊万里道路の工事の概要説明を受けました。

この図の破線部分がまだ未開通部分で、この現場では赤で囲った部分の基礎工事を行っています。

次に、現場の状況を動画で見れるシステム「Gリポート」という製品を使ってリモートで現場確認を行いました。

現場側では下記のような、通信ができるスマホとジンバルのセットをもっていきます。

こんな感じで現場を撮影すると

現場事務所ではこのように現場の様子が動画で見れるのです。

土木工事の現場では定期的に発注者からの確認があります。

この時にこのシステムがあると遠隔地に訪問しなくてすみますので、だいぶ負担が軽減されますね。

ただし、見れるのが二次元なので奥行き感が分かりずらいとのことでした。

インターンシップを受け入れました 1日目 笠原建設

九州南部が梅雨明けしたというニュースを見ました。

毎年この時期に高校生のインターンシップ受け入れを行っています。

この時期は梅雨というのもあって、当初色々計画していても雨で外での実習が何も出来なくなる・・ということを何度か経験したことがあります。本当悩ましい・・

今回は唐津工業高校の2年生、土木科と機械科から1名づつ来て頂きました。

1日目、会社の紹介ということで挨拶に来てくれました。(科で制服の色が違う・・)

その後、総務部長から笠原建設=土木の仕事について説明を受けました。

土木科の子は何となく分かったかもしれませんが、機械科の方は???だったでしょう。

午前中、少し時間が空いたのでドローンによる操作実習を行いました。

スマホ世代なので、この手の機械の操作はお手の物ですね。

ドローンの位置等は操作してもらい、シャッターだけ当社社員が押しました。

よくありがちな写真ですが(笑)良く撮れていますね。

午後からは現場で使うバックホーやロードローラーの操作体験をしてもらいました。

コンマ45クラスのバックホーで秀豊にある再生クラッシャーを掘ってみる・・

コンマ2クラスのバックホーでキャタピラを動かしてみる・・

コンマ2って何?と思われた方がいらっしゃるかと思いますので解説します。

コンマ2とはバックホーの大きさの呼称でバケット(泥などを入れる)の容積です。

ちなみに0.2だと0.025立方メートルとなります。 

現場に行くとコンマ75クラスやその上のバックホーが並んで作業している光景を見かけますが、思わずカッコイイと思ってしまうのは私だけでしょうか・・・モエ~

その後、たまたま舗装などで使うロードローラーがありましたので、これも当社敷地内で体験してもらいました。

なかなか学校でここまでの設備は無いですものね。

本日の最後、おなじ石志敷地内にある「秀豊」さんのダンプトラックの助手席に座っていただきました。

トラック野郎(古っ)の気持ちが少し分かっていただけたでしょうか。

初日から盛りだくさんでした。明日2日目は何の実習が予定されているでしょうか。

2日目は次のブログに続きます・・

意外とむずかしい「の」という字  笠原グループ

今年の梅雨はかなり早く始まりましたが、災害になるような雨は無く安心しています。

笠原グループでは、月二回書道教室を開催しています。

習いたい人を募集しましたら12名が集まり、石志事務所内で教えて頂いています。

先週までは直線やくるくる曲線だったので比較的簡単だったのですが、今回初めて文字を書きました。

みなさん、パッと見るとな~んだ簡単ジャンと思われるでしょう。

確かにペンなどで書くとサッと書けてしまいますが、筆だと違うんです。

お手本にも書かれていますが、太くする所、止める所、細くする所があってこれを筆を使ってどう書くかが問題なのです。

①は斜め45度で筆を落としやや湾曲させながら力強く書きます。

②一端止めて筆を上げ細くし左上に

③次に太く右に行くのですが、筆を右に返してなぞるような感じで書く(多分)

④次に左側に筆を返しながら細く書き

⑤そのまま太く最後のハネまで丁寧に

というように結構気をつけることが多いのです。

(上記解説は、あどみんが自分なりに分析した内容が含まれている為誤りがあると思います)

これをあんまり気にしすぎていると、全体のバランスが悪くなって左は出来たけど、右がダメだったりします。

私なんか、気にして弱々しくなっているのに、横で書いている笠原建設Kさんは、堂々とした書きっぷりで素晴らしかったです。

平仮名って奥が深いですね~。

これくらいで根を上げていたらこの先どうなる?

やっぱり家で練習しなきゃダメか・・

今回、書道教室が終わったあと、肩がバキバキになっていました。(笑)

雨の日はメンテナンス 笠原建設

今年は早々と梅雨入りをしましたが、雨の日の割合が少なかったりします。

多すぎるのも災害が起きるので困りますが、少ないのも水不足になったりするので困りますね。

笠原建設にはコンクリート圧送部門があります。

建設現場などで施工する場所とコンクリートミキサー車の位置が遠い場合、下図のように間にコンクリートポンプ車が入り、現場まで配管を長く伸ばし圧力でコンクリートを流しこみます。

笠原建設にはこのポンプ車を7台配置しています。

雨の日はコンクリートに雨が混ざるといけないので、屋外の現場はストップします。

今日も朝から雨でしたので5台が車庫で待機、そして圧送のメンバーが車や配管などのメンテナンスを行いました。

配管は、つないでなが~くするのでこんなに在庫をもっています。

現場ではこれにコンクリートが付着するので、日々のメンテナンスで落とします。

下の部品はミキサー車からポンプ車にコンクリートを流しこむ部分です。

ハンマーで叩いて付着したコンクリートを落とします。

そして、圧送部門のリーダー山川課長が車のメンテナンスの指導を行っておりました。

ポンプ車はメンテナンスを怠っていると、現場で管が破裂したり、オイル漏れを起こしたりするのでしっかりお願いしますね。

そうだ、話はころっと変わりますが、唐津に「資さんうどん」が7月1日にオープンします。

場所は「まいずる999」の前になります。

夜はAM1:00までの営業で、うどんはもちろんごはん系のメニューも充実しているので楽しみです。

名物ぼた餅も美味しかョ!

とっても美味しいじゃがいもを収穫しました 笠原グループ

ここ唐津市石志の事務所そばに、かわいい畑がありまして・・

そこにじゃがいもさんを植えていました。

種になる芋は笠原社長から頂いたものですが、これを3月に植え約2ヶ月半、時々肥料をあげたり手入れしてきました。

そのじゃがいもを昨日

収穫しました~♪

調べたら

左:ノーザンルビー 右:シャドークィーン

という品種らしいです。

早速、昼休みに茹でて頂きました。

ピンクとムラサキ、とてもキレイですよね。

これでポテサラ作ったらどうなるんだろう?

コンテナ2杯分収穫できたらしく、お裾分けをいただいたので早速自宅に持ち帰りカレーを作りました。

カラフルなカレー材料だこと・・

そして完成!

ピンクのじゃがいもは、男爵芋と同じような「サクサク」という食感で

紫のじゃがいもは

「ホクホク」

という食感でとても美味しかったですぅ~

畑には次に、さつまいもを植えたらしいので、秋冬がとても楽しみです。