私たち卒業します。 笠原建設

最近雨が続いていましたが久しぶりに晴れました。

しばらく晴天が続きそうなので布団干しなどができそうです。

ちょうど3年前、笠原建設のコンクリート圧送部門ではじめてベトナムの技能実習生を受け入れました。

そして、今日2021年8月27日彼らはその期間を終えてベトナムに戻ります。

この写真は今年「3級技能実習検定」を受検してその合格証を頂いたときのものです。

ヴィン君

チョン君

二人揃って

2018年の今頃アドミンは技能実習生の生活指導員という役割を担っていたので、実習生を迎える為に寮の準備をしたり生活用品や自転車を買いにいったりしていました。

ベトナム語も1年位勉強しましたが、使わないのですっかり忘れてしまいました。(泣)

その頃を思い出し、そして居なくなるということを考えると目頭に熱いものが・・

そんな思い出に浸りながら、いままで撮影した写真を探してみました。

入社早々、社員教育を通訳さん経由で受けています。

よくやっていただいた通訳のフエさんと

コンクリート圧送の現場をはじめて見ました。

ボランティア清掃で

ボーリング大会で賞をもらうヴィン君

虹ノ松原清掃で

後輩ドン君と

みんなで

後輩フォン君と

歓迎会の時はサシミは食べれないと言ってましたが、今はどうでしょうか。

お酒はとっても強かったです。

圧送部門と笠原社長との親睦会

そして一番お世話になった圧送部門の長、山川次長との3ショット

今朝の朝礼ではしっかり日本語で「3年間お世話になりました」と挨拶してくれました。

コロナの影響でベトナムへの入国が出来ず、あと半年位伸びると想定していました。

それが2日前に大使館に申し込んでいた抽選に当選したとの連絡があり急遽帰国となりました。

今日の夕方チャーター便で出発し、到着地で2週間、地元で2週間コロナの経過観察があり、ようやく家に戻れるそうです。

それでも国に帰れるのはやっぱりうれしいでしょうね。

ベトナムに帰って家族孝行・親孝行してくださいな。

3年間お疲れ様でした。そして元気でね!

表彰状を頂きました 笠原建設

8/11頃から降り始めた雨は8/14まで降り続き武雄市や唐津市などあちこちが冠水、崖崩れなどを引き起こしました。

出勤日の今日もけっこうな雨が降っており、まだまだ余談を許さないような状況です。

大雨により被災された皆さまへ このたびの集中豪雨により、被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

今回の雨は、降る量も多かったですが、降っている時間が長かったです。

晴れ間無くず~っと降っていました。

これから冠水したお宅の片付けや、道路の復旧など行われていくと思いますが、熱中症やコロナに注意されながら無理せずお願いします。

笠原建設では先月国土交通省と唐津市から表彰を頂きました。

まず、国土交通省からは「工事成績優勝企業認定書」というもの頂きました。

工事成績優秀企業」とは、国土交通省が作成する「工事成績評定企業ランキング」で、請負工事成績評定の平均点が80.0点以上となった企業です。

ということは、平均して成績の良い(品質・出来高の良い)工事が認められたということになります。

当日の表彰式では、笠原建設 取締役 営業部長の武富が参加しました。

さらに、唐津市からは施工管理施工技術が優れているということで、昨年工事した「東城内町田線(まいずる999からラッキーパチンコ間)の道路改良工事(笠原建設・釘本建設JV)が表彰されました。

これらの表彰は現場の方はもちろん、これを支えてくれた方々がいらっしゃるから出来た事だと思います。

これからも地域に住む方々の為に、素晴らしい技術・管理手法を活かして工事をお願いします。

お客様から素敵なプレゼント 笠原グループ

普段よりお付き合いのあるお客様から素敵なプレゼントを頂きました。

箱の寸法は30cm x 30cm 位です。

どんなお菓子が入っているのか・・

箱は

「桃かすてら」というお菓子です。

そして中身をみてみると・・・ジャジャ~ン

30cmサイズの大きな桃のお菓子が入っていました。とっても大きいです。

早速いただいてみました。

カステラの上に砂糖で出来たお菓子が乗っています。

カステラは甘みが抑え気味で、その上のお菓子でバランスをとって食べる感じです。

ネットで調べて見ると桃カステラは長崎で複数のお店で作られているようです。

今回いただいたのは

万月堂の桃かすてらです。

桃を使ったお菓子は昔から縁起物として扱われているようです。

ちょうどお腹のすいた3時頃に、とっても美味しくいただきました。

ごちそうさまです。

あのキャラクターを描いてみた! インターンシップ3日目 笠原建設

巷ではコロナ陽性者が増加していると言うニュースと、オリンピックで金メダル~!というニュースが最近のトレンドかと思いますが、スポーツ選手のあの頑張っている姿を見るとついついこちらも力が入ってしまいます。

こんな中「メダルが取れなくてもあなたは最高」というメッセージを選手村近くで掲げる男性ということでSNSで取り上げられていました。この方のメッセージとして「選手の皆さんがメダルのプレッシャーに押しつぶされそうになって競技しているのが伝わってくるので、ここに来た時点で最高レベルですよ」というこの思いやりがとても素晴らしいなぁと感じました。

パラリンピックも含め9月頭まで競技は続きますが、メダルのプレッシャーに潰されず、最善の体調・メンタルで望んで欲しいと思います。

(2021年8月2日 6時03分 NHK NewS WEBより一部文章引用)

前回まで唐津工業高校生のインターンシップの話題をお届けしておりましたが、本日が最終回3日目です。

今回は最新の測量機材を使って絵を描いてみよう!ということでチャレンジしてもらいました。

最初に今日やる内容を同じ唐津工業高校出身の江川君が説明しました。

最初に、今回書くキャラクターの絵をCADに取り込み、点(XY座標)データを作成します。

このデータを光波という機械にUSB経由でとりこみます。

ここまで出来たらまずは従来の光波だけで測量を行いました。

この方法は、光波の人がピンホールを持った人に「右に何cmとか後ろに何cmとか」やりとりしながら点を取っていきます。つまり光波とピンポールの二人作業になります。

これとは対照的に、杭ナビではピンポール担当がスマホを持っていれば座標の位置が分かってしまうのです。

今まで光波担当が「右左とか後ろ前とか」指示していたのをスマホが指示してくれます。(スマホで遊んでいる訳ではありません(笑))

これだと一人で作業ができますし、作業時間的にも半分以下ですんだそうです。

最後に指示した点を線で結び絵を仕上げます。

さて何の絵が出来たでしょうか、笠原電設の高所作業車に乗って確認します。

ジャーン!

地面が白なので分かりづらいかもしれませんが

鬼滅の刃の嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

です。

当社担当によると今回は機械課の方も参加されていたので最初は扱えるか心配だったそうですが、やり方を覚えれば高校二年生でも作業できたので改めて杭ナビの利便性に感心したとのことでした。

この技術、高校でも活かせますね。そう体育祭のバックの絵描き!

インターンシップを受け入れました 2日目 笠原建設

夏も本格的になって毎日溶けるような暑い日が続いています。

若い頃は毎年のように標高の高い山に行ってキャンプをし、涼しい山の中で夏を過ごしていました。天然クーラーはとても気持ちのいいものです。

前回、インターンシップの話題をお届けしておりましたが内容が盛りだくさんな為、3回に分けてその模様をお届けします。

2日目は西九州自動車道 唐津伊万里道路 の基礎工事(杭工事)を行っている木須地区で職場体験を行いました。

午前中は現場の見学を行っていたそうですが、あいにくの雨で午後からは安全訓練などを学びました。

業界の方であればすでにご存じかと思いますが、KY活動(危険予知活動)です。

あらかじめ決められた絵をみながら、この現場に潜んだ危険個所を洗い出し、どの程度の危険度かを分析し、どういう措置が必要かなどを検討します。

高校ではこのような学習はしないと思うのでいい経験になったのではないでしょうか。

危険予知はどのような場面でも有効なので、これを活かすような話も少ししました。

まとめが終わったら、一人ひとり発表してもらいました。

発表の内容を私も聞いておりましたが、結構ちゃんとした内容で感心しました。(笑)

この後は、現在行っている唐津伊万里道路の工事の概要説明を受けました。

この図の破線部分がまだ未開通部分で、この現場では赤で囲った部分の基礎工事を行っています。

次に、現場の状況を動画で見れるシステム「Gリポート」という製品を使ってリモートで現場確認を行いました。

現場側では下記のような、通信ができるスマホとジンバルのセットをもっていきます。

こんな感じで現場を撮影すると

現場事務所ではこのように現場の様子が動画で見れるのです。

土木工事の現場では定期的に発注者からの確認があります。

この時にこのシステムがあると遠隔地に訪問しなくてすみますので、だいぶ負担が軽減されますね。

ただし、見れるのが二次元なので奥行き感が分かりずらいとのことでした。

インターンシップを受け入れました 1日目 笠原建設

九州南部が梅雨明けしたというニュースを見ました。

毎年この時期に高校生のインターンシップ受け入れを行っています。

この時期は梅雨というのもあって、当初色々計画していても雨で外での実習が何も出来なくなる・・ということを何度か経験したことがあります。本当悩ましい・・

今回は唐津工業高校の2年生、土木科と機械科から1名づつ来て頂きました。

1日目、会社の紹介ということで挨拶に来てくれました。(科で制服の色が違う・・)

その後、総務部長から笠原建設=土木の仕事について説明を受けました。

土木科の子は何となく分かったかもしれませんが、機械科の方は???だったでしょう。

午前中、少し時間が空いたのでドローンによる操作実習を行いました。

スマホ世代なので、この手の機械の操作はお手の物ですね。

ドローンの位置等は操作してもらい、シャッターだけ当社社員が押しました。

よくありがちな写真ですが(笑)良く撮れていますね。

午後からは現場で使うバックホーやロードローラーの操作体験をしてもらいました。

コンマ45クラスのバックホーで秀豊にある再生クラッシャーを掘ってみる・・

コンマ2クラスのバックホーでキャタピラを動かしてみる・・

コンマ2って何?と思われた方がいらっしゃるかと思いますので解説します。

コンマ2とはバックホーの大きさの呼称でバケット(泥などを入れる)の容積です。

ちなみに0.2だと0.025立方メートルとなります。 

現場に行くとコンマ75クラスやその上のバックホーが並んで作業している光景を見かけますが、思わずカッコイイと思ってしまうのは私だけでしょうか・・・モエ~

その後、たまたま舗装などで使うロードローラーがありましたので、これも当社敷地内で体験してもらいました。

なかなか学校でここまでの設備は無いですものね。

本日の最後、おなじ石志敷地内にある「秀豊」さんのダンプトラックの助手席に座っていただきました。

トラック野郎(古っ)の気持ちが少し分かっていただけたでしょうか。

初日から盛りだくさんでした。明日2日目は何の実習が予定されているでしょうか。

2日目は次のブログに続きます・・

トレースしてみました あどみん

今年もあ~っという間に半年すぎ、居酒屋にも行けず終わってしまいました。

ワクチンの予約は取れたものの、普通に飲みに行ったり、遊びに行けるのは来年になってからですかね~。

最近のあどみんのお仕事で、鉛筆を使って絵を描くというのがありました。

「そんな仕事があるの~!」って声が聞こてきそうですが、今取り組んでいるホームページの仕事で、一部イラストを取り入れたものを使う予定なのです。

それで、こんな物を用意してみました。

分かる人は分かる、トレース台です。

工業高校出身の方であれば、製図の時に使ったことがあると思います。(今も使っているかは?ですが)

といっても机を用意する訳にはいかないので、ググッてみるとA4サイズでLEDで照らすものがありましたので早速購入し、試してみました。

下に写真を敷き、その上にトレッシングペーパーを敷いて鉛筆でなぞります。

いかがでしょう、それっぽく見えますよね。

このトレース台、というかこの作業、めっちゃ目に悪いです。

先日の健康診断で視力は普通1.5なのに1.0とか1.2に落ちていました。

なので、長時間の作業は出来ずだいたい2,3時間でお手上げ状態でした。

このイラストを使ってどんなホームページが出来るか・・・

それは8月頃出来上がる予定なのでお待ちください。

ヒントはこのホームページにあります。

太一郎窯(伊万里焼)さんのホームページ

石志事務所に新しいなかま 笠原グループ

と~ってもかわいい社員が入社しました。

山羊のメイちゃんです。

女の子で年齢は、まだ出来たてホヤホヤ4ヶ月です。

これから石志事務所でお世話になるかと思いますが、

「よろしくお願いしま~す。」

ということで石志事務所に新人のメイちゃんをお迎えしました。

この日の為に、笠原建設工務課の方々に柵を作っていただき、自由に遊べます。

夜は、小屋に入ってゆっくり寝てくださいね。

生まれてから今日まで育てていただいたファイルコンウィングのお姉さんと2ショット

茶色の山羊さんって珍しいですよね。

ツノもあるので佐賀牛と間違われたり・・して。(笑)

好物は、干し草や半生乾きの草らしく生草ばかりあげてるとおなかを壊したりするそうです。

また、鉱塩(コウエン)を舐めるそうで、ミネラル成分や塩分を補給する効果があるようです。

みなさんも石志事務所においでの際は一声かけてあげてくださいね。

「メーちゃん」

このつぶらな瞳で一撃ですっ!

意外とむずかしい「の」という字  笠原グループ

今年の梅雨はかなり早く始まりましたが、災害になるような雨は無く安心しています。

笠原グループでは、月二回書道教室を開催しています。

習いたい人を募集しましたら12名が集まり、石志事務所内で教えて頂いています。

先週までは直線やくるくる曲線だったので比較的簡単だったのですが、今回初めて文字を書きました。

みなさん、パッと見るとな~んだ簡単ジャンと思われるでしょう。

確かにペンなどで書くとサッと書けてしまいますが、筆だと違うんです。

お手本にも書かれていますが、太くする所、止める所、細くする所があってこれを筆を使ってどう書くかが問題なのです。

①は斜め45度で筆を落としやや湾曲させながら力強く書きます。

②一端止めて筆を上げ細くし左上に

③次に太く右に行くのですが、筆を右に返してなぞるような感じで書く(多分)

④次に左側に筆を返しながら細く書き

⑤そのまま太く最後のハネまで丁寧に

というように結構気をつけることが多いのです。

(上記解説は、あどみんが自分なりに分析した内容が含まれている為誤りがあると思います)

これをあんまり気にしすぎていると、全体のバランスが悪くなって左は出来たけど、右がダメだったりします。

私なんか、気にして弱々しくなっているのに、横で書いている笠原建設Kさんは、堂々とした書きっぷりで素晴らしかったです。

平仮名って奥が深いですね~。

これくらいで根を上げていたらこの先どうなる?

やっぱり家で練習しなきゃダメか・・

今回、書道教室が終わったあと、肩がバキバキになっていました。(笑)

雨の日はメンテナンス 笠原建設

今年は早々と梅雨入りをしましたが、雨の日の割合が少なかったりします。

多すぎるのも災害が起きるので困りますが、少ないのも水不足になったりするので困りますね。

笠原建設にはコンクリート圧送部門があります。

建設現場などで施工する場所とコンクリートミキサー車の位置が遠い場合、下図のように間にコンクリートポンプ車が入り、現場まで配管を長く伸ばし圧力でコンクリートを流しこみます。

笠原建設にはこのポンプ車を7台配置しています。

雨の日はコンクリートに雨が混ざるといけないので、屋外の現場はストップします。

今日も朝から雨でしたので5台が車庫で待機、そして圧送のメンバーが車や配管などのメンテナンスを行いました。

配管は、つないでなが~くするのでこんなに在庫をもっています。

現場ではこれにコンクリートが付着するので、日々のメンテナンスで落とします。

下の部品はミキサー車からポンプ車にコンクリートを流しこむ部分です。

ハンマーで叩いて付着したコンクリートを落とします。

そして、圧送部門のリーダー山川課長が車のメンテナンスの指導を行っておりました。

ポンプ車はメンテナンスを怠っていると、現場で管が破裂したり、オイル漏れを起こしたりするのでしっかりお願いしますね。

そうだ、話はころっと変わりますが、唐津に「資さんうどん」が7月1日にオープンします。

場所は「まいずる999」の前になります。

夜はAM1:00までの営業で、うどんはもちろんごはん系のメニューも充実しているので楽しみです。

名物ぼた餅も美味しかョ!

とっても美味しいじゃがいもを収穫しました 笠原グループ

ここ唐津市石志の事務所そばに、かわいい畑がありまして・・

そこにじゃがいもさんを植えていました。

種になる芋は笠原社長から頂いたものですが、これを3月に植え約2ヶ月半、時々肥料をあげたり手入れしてきました。

そのじゃがいもを昨日

収穫しました~♪

調べたら

左:ノーザンルビー 右:シャドークィーン

という品種らしいです。

早速、昼休みに茹でて頂きました。

ピンクとムラサキ、とてもキレイですよね。

これでポテサラ作ったらどうなるんだろう?

コンテナ2杯分収穫できたらしく、お裾分けをいただいたので早速自宅に持ち帰りカレーを作りました。

カラフルなカレー材料だこと・・

そして完成!

ピンクのじゃがいもは、男爵芋と同じような「サクサク」という食感で

紫のじゃがいもは

「ホクホク」

という食感でとても美味しかったですぅ~

畑には次に、さつまいもを植えたらしいので、秋冬がとても楽しみです。

書道教室を始めました 笠原グループ

先週末位から空がどんよりして、雨が続いています。

例年よりおよそひと月近く前倒しで梅雨入りしたようです。

早く入るのはいいけど、春の気持ちよい気候が短くなるのはちょっと・・

もう少し気持ちいい風を感じていたかったなぁ~♪

笠原グループでは、書道教室を始めました。

笠原社長からの発案で、工事部の本吉課長に先生を探していただいて月2回のペースで習う予定です。

5/14(金)はその1回目

玄海町から来て頂いている前田玄鳳先生からご挨拶をいただきました。

その後は、書き始める前に書道に関するお話や、書き順のお話

書体のお話などを頂きました。

そして、書き始めは円というかループを上から下へ、下から上へ書く練習です。

筆全体を使って、大胆に、みなさん真剣に書いています。

クルクル、クルクル これが筆だと意外と難しい。

そして次に、筆を斜めに付けて、立てた状態で、左から右、上から下へ

その写真は撮影してませんでした(爆)

書道教室、あどみんも参加させて頂いています。

書いている時は無心になれていいですね。もともと何かに集中するのは大好きなので。

各人の名前を書いたサンプルを書いていただいたので、まずは自分の名前をきれいに書けるようになりたいと思います。

虹ノ松原保全活動を行いました 笠原建設、笠原電設、ユタカコーポレーション

GWも終わり今日土曜日は出勤日でした。

皆さん、GWはどのように過ごされましたか?

アドミンは普段できない家の片付けや掃除を行い、1日だけ近場の肥前町、玄海町あたりをドライブしました。

そうしたら、他県ナンバーの車やバイクのツーリングでこられている方が結構多かったですね。

3密にはなっていなかったのでよさそうでしたが、基本的な感染予防は引き続き行って行きたいものです。

この土曜出勤を活かして、久しぶりに虹ノ松原保全活動(ボランティア)を行いました。

保全活動に使用する道具は、かんね(NPO法人唐津環境防災推進機構KANNE)さんにあらかじめ用意していただいています。

最初は、松原内に落ちている「松ぼっくり」や「枝」を拾って集めます。

最近入社された笠原建設工事部の新人さんです。(赤マスクが似合っています)

ひととおり拾い終わったら、松葉をほうきで集めます。

集めた松葉をトラックに積む為に、一端ビニールシートに乗せます。

そして、「いちに~のさ~ん」でトラックに移します。

この作業、結構力がいります。

30分ほど作業をして一休み。

気は優しくて力持ち、コン君も一休み。

後半のスタートです。

そう多くは生えていませんが、雑草を抜きます。

この作業が実は一番きつかったりしました。

ぎっくり腰をやってまだ完全に治っていないので「腰が~」

ふと、道具に目をやると

この道具、ふるさと納税で購入された物なのですね。

ありがたいことです。

かれこれ、45分ほどでしょうか草むしりに専念したら

「じゃ~ん」

こんなにきれいになりました。

車で走ると、ここだけ草が無いので違和感あるかもしれません(笑)

そして今日の釣果(成果)は!

枝と松ぼっくりでこれだけ。

松葉でトラック1杯とひとやま

雑草が❍袋

結構な成果でしょう。

総勢22名で取り組んだせいか、いままでの保全活動で一番成果があったかもしれません。

範囲が狭かったこともありますが(笑)

そして最後に今日の一番いい顔でパチリ!

みなさんお疲れ様でした。

新型ドローンの勉強会を行いました 笠原建設

みなさん、ゾンビランドサガというアニメをご存じですか。

アドミンもまだアニメを見たことは無いのですが、佐賀県内の観光地や街角などがアニメ内で色々紹介されているらしいです。

最近は、写真のマンホールの蓋が佐賀県内各地に設置されていて、ファンの方が写真を撮影してSNSに投稿されていました。

ちなみに唐津は、まいづる本店横の公園にあるようす。

絵柄には鯛山と青獅子、唐津城が描かれています。

GWの中、行く機会があればご覧になってみてください。

4/30 笠原建設工事部では追加で購入したドローン「Phantom4 RTK」の勉強会を行いました。

ドローンは導入して何年かたつので、殆どの人がその操作は経験しているのですが、初心者の人もいるので改めて大事な所からお話を伺いました。

プロペラがきちんと入っていないと落下するので改めてそのコツを練習

今回導入したRTKモデルは、ドローンで撮影した写真に精確なGPS情報が組み込まれているので、測量用途で使えるモデルです。

測量を行う設定についても説明を受けます。

ひととおり説明を受けたので、風速4~5mの強風の中でしたが外で飛ばしてみました。

測量を行う範囲を画面の中に設定します。

そして自動実行ボタンを押すと、コース内を自動で飛んで写真を撮影します。

撮影開始する場所までは結構な速度で飛んでいき、そこからはクルクル回って撮影します。

強風にも負けず頑張って飛行していました。

そして撮影終了すると、自動で開始した地点に戻ってゆっくり着地してくれます。

まだドローンを操作したことなかった人たちもこの機会に練習をしました。

最初は少し怖いイメージがありますが、ホバリングがしっかりしているので、慣れてしまえばそう難しくはありません。

最近入社された新人さんも先輩から操作を教わります。

無事操作できるようになりました。

とても気持ちの良い晴天です。ドローンのようにお空を飛べたら気持ちいいだろうなぁ・・

入社式・辞令交付式 笠原建設、笠原電設、唐津自動車学校

今日は4月1日、電車や町並みでは新しいスーツを着た新入社員がはつらつとした雰囲気で歩く姿が見受けられます。

昨日、我家でも娘が福岡の住居へ引越し取り急ぎ必要そうな物を買いそろえてきました。

新しく何かを始める時は何かワクワクしますね。

新居用の道具選びには私も参加してワクワクしながら進めていました。(笑)

笠原建設、笠原電設、唐津自動車学校で新入社員の入社式と辞令交付式を行いました。

今年は、笠原建設の工事部に唐津工業出身の松尾さん、営業部に工事部から松隈さんが配属されさらに、笠原電設に中村さん、前田さんが入社されました。

最初に笠原グループの統括部門であるユタカコーポレーションの前田専務からご挨拶

笠原グループ各社はアットホームな会社なので、分からないことは身近にいる人に聞いてくださいとお話されていました。

続いて辞令交付式

松尾さんの辞令交付を工事部の川原部長から

松隈さんの辞令交付を営業部の武富部長から

笠原電設の中村さんの辞令交付を佐伯部長から

同じく前田さんの辞令交付を佐伯部長から

このあと、笠原電設の佐伯部長、倉富部長からも会社の紹介などを頂きました。

最初は辞令交付のみ簡単に行う予定でしたが、急遽2社合同で行うことになり、ドタバタ準備したことは裏話として・・(笑)

最後に笠原社長を含めて皆さんで記念写真

そして、唐津自動車学校では辻村さん、太田さんの2名が入社されました。

下川校長から辞令を渡していただきます。

最後に記念写真

唐津自動車学校の顔として頑張ってくれると思います。

新入社員のみなさん、新しい環境で戸惑うことが大いと思いますが、いい人が多いので色々聞いて早く慣れてくださいね。

消毒液スタンドを導入しました ユタカコーポレーション

会社に来る途中で撮影しました。

春らしく「レンゲ」「菜の花」「桜」が同時に咲いています。(撮影が下手なのはゴメンナサイ)

春のパワーも全開という所でしょうか。

来週には4月1日になり新入社員も入ってくるので、先輩方も気分新たに頑張らないと!

コロナも流行して1年を過ぎ、非常事態宣言も解除されましたがまだまだ余談を許さない状況ですね。

笠原グループでも消毒液は玄関先に設置していたのですが、手でプッシュするタイプはどうも不衛生なので、足で操作するスタンドを導入しました。

「免許を取るなら~♪」の唐津自動車学校ではこんな感じに

そう、もうお気づきになりましたか。カラーがコーポレートカラーで着色されているのです。

笠原建設のカラーは赤ですから、事業部である「笠原興産」はこんな感じ

働く車の整備が得意な「サンコーメカニック」はこんな感じ

熱帯魚のケースも青でした。(笑)

10tダンプや再生資材の「秀豊」はこんな感じ

信号・電気工事の「笠原電設」ではこんな感じ

また、こんなレアなカラーもあったりします。

半分赤で半分黄色、そう「笠原建設」と「笠原電設」カラーです。

当オフィスの社員通用口は2つの会社が利用するので、こんなことになっています(笑)

そして、私が一番気に入っているのはユタカコーポレーションのこのカラー

品があっていいですね。

周りの調度品にも合って、いい感じに溶け込んでいます。

あなたのオフィスにもおしゃれな1台いかがでしょうか。

詳細をおたずねになりたい方は、ユタカコーポレーション TEL:0955-58-8324 までご連絡ください。

巷ではリバウンドがどうこう言っておりますが、日本国民としてもう一度気を引き締めて感染しない対策、感染させない対策を取り、東京オリンピックが非常事態宣言で途中で中止にならないよう努力しましょう。

新しいドローンを導入しました 笠原建設

2021年も3月中旬になりソメイヨシノの開花宣言が聞かれるようになりました。

この季節は卒業式や人事異動で別れや出会いの季節ですね。

我が家にも旅立つ子がいまして、今は引っ越し用の荷物の準備、今までので生活で使用した物の片付けでとんでもないことになっています。(笑)

親としては、早く独立して欲しいという期待の反面、寂しくなるというなんとも複雑な気持ちですね。

昨日、笠原建設で新しくドローンを導入しました。

ドローンとしては今や有名となったDJIのPhantom4 のRTKというバージョンです。

従来のPhantomにはこのコブのような突起がありませんでしたが、今回これが追加になっています。

これはRTKというモジュールらしいのですが、機能としてはGPSのモジュールです。

この本体ともう一つのモバイルステーションを使いある仕事をします。

この姿をみてなんとなく想像できた方もいらっしゃるかと思いますが・・・

そうです 「測量」です。

この仕組みを示した図になります。

このモバイルステーションを測量の原点となる場所に置き(基準局)、これを基準にドローンが動き回って3次元での立体的な測量を行います。

測量する範囲を下図のように決めておく必要はあるのですが

これを指定しておくだけでドローンが緑色の線のルートを自動的に飛行し画像データを収集します。

この測量データは点群という形のデータとしてパソコンに取り込み、土量計算や掘削の計画に使用されます。

今までは、現場を一日もしくはそれ以上歩き回って行っていた測量業務をこの機械は数時間で終わらせてしまうのです。

IT技術を使うとどんどん便利になりますね。

これを使いこなすには勉強することも多そうですが、使いこなして仕事を楽にしましょう。

虹の松原再生・保全活動 笠原建設・笠原電設・ユタカコーポレーション

今日、2/23(火)は天皇誕生日で祝日ですが、笠原建設・笠原電設・ユタカコーポレーションは出勤日なので虹の松原再生・保全活動を行いました。

で・・この唐揚げの写真は何よ!って話ですが、この唐揚げは笠原建設の旧社屋の右斜め前にある消防弁当(正式名称:ほかほか弁当警察署前店 73-0253)の唐揚げです。

久しぶりに二タ子の事務所に行ったのでその帰りに唐揚げのみを注文し美味しくいただきました。

この唐揚げ、1個が直径5~6cmのほぼ球体をしていて、唐揚げ弁当は4個入っています。

味もしっかりついていて、4個も食べればもうお腹いっぱい!

でも時々食べたくなるのです(笑)

今日の天気は快晴で、気温も日曜日から暖かくありましたが、風は冷たく肌寒く感じました。

いつものように現地に行くとすでに NPO KANNE の方々が道具を用意していただいていて、早速第一段階の折れた枝や松ぼっくり拾いを行います。

この作業結構足腰にくるんです。

落ちている物を拾ってかごに入れる。それの繰り返しなので足腰が鍛えられます。

あっと言う間にかご一杯になります。

結構な面積があるのですが、ひととおり拾うのが終わると、落ちている松葉を金属のほうきを使って集めます。

今日は工事部の堤さんも参加です。

松葉は、いくつかの場所に分散して集めこのシートに乗せて運びます。

今回はこの軽自動車10台分は集めたでしょうか。

松葉かきがひととおり終わったので休憩です。

みんなすがすがしい、いい顔してますね。お茶がうまい!

10分の休憩が終わったら最後は草むしりです。

集中して草が生えている箇所があったので何人かで作業していたのですが、老若男女あつまって昔は海でこんなの取って食べていたとか、昔ばなしをしながら草むしりしていました。

最近はコロナで集まって飲食ができないので、やっぱこういうバカ話の出来る場は普段できないコミュニケーションを取るにはいいな~と感じた次第です。

ひととおり作業も終わってみんなホットした表情

今は各会社一番忙しいシーズンなので、17人と参加人数が少なかったですが結構広範囲できれいになったのではないでしょうか。

最後におきまりの記念撮影。天気の良い中、いい運動になりました。

足腰が痛いと言っていた「あなた」たまには軽いウォーキングでもいいので足腰鍛えた方がいいですよ。

アドミンは早く帰れた平日や土日は30分から45分、音楽やラジオを聞きながら、きれいな景色を見ながらウォーキングしています。

腰痛で整骨院に通っていた頃先生からはウォーキングが腰痛予防にいいと言われていました。

無理しない程度に初めてみてはいかがでしょうね。

上水道の推進工事やってます。 笠原建設

今日1月20日は大寒。一年の中で一番寒い時期らしく、空は雲もなく晴天ですが風が冷たいです。

唐津市石志の会社付近では今朝マイナス5度を示していました。

これから少しづつでも暖かくなってくれるといいですが。

今日は唐津市和多田ヤマダ電機の前で上水道の推進工事を行っている現場を覗いてみました。

佐賀方面から来るとこの景色が見えてきたら、車線減少の看板があるのでご注意ください。

推進工事って今まであどみんが入社して何カ所かやられている覚えがあるのですが、今日初めてまじめに(笑)話を聞いてきました。

今回の工事では、ヤマダ電機と日産自動車の間地下3mの場所に水道管用の横穴を空けます。

最初に、ヤマダ電機の道路脇に直径2.5mの縦穴を空け

日産自動車側に直径1.8mの縦穴を空け

ヤマダ電機側から推進装置を使って日産自動車側に道路幅でおよそ30mの距離で穴を空けます。

絵にするとこんな感じです。

また、穴を空けながら直径60cmのヒューム管(コンクリートで出来た管)を入れていきます。

と簡単にいいましたけども、トンネルを掘るのと同じで

・目的地までズレずにたどり着けるか

・途中に障害物は無いか

・誤って道路陥没などしないか

など心配することは多々あるそうです。

担当者からは、過去他の場所で推進工事をした時に、大木が出てきて苦労をしたという話を聞きました。

今日現場に行ったら、ちょうどヒューム管が一通り貫通したところを見ることが出来ました。

これが直径60cmのヒューム管です。今回、設計と1cm以内の誤差で目的地までたどり着けたそうで、この技術レベルはすごいですね~。30mで1cmの誤差っていったい・・

この作業が今回の工事の正念場だったので、無事貫通できて現場担当者も「ホッ」としていました。

この後、ヒューム管の中に直径35cmの水道管を入れモルタル(柔らかいコンクリート)を注入しこの区間は終了します。

また、その後この縦坑近くに来ている水道管につなぐという作業が最後に残っています。

今回この工事現場は、唐津市内でも一番車の通りが多いのではないかという場所でしたので

・車、バイク、自転車、歩行者への配慮

・通行止めへの配慮

など本来の工事以外への配慮は大事なことだとも話していました。

これからの工事も安全にお願いしますよ。→ 淳ちゃん、浅ちゃん

少し話しが変わりますが、この工事が始まった頃、担当がこの付近の道路について色々調べたそうです。

唐津の人だったら分かると思いますが、唐津市内から佐賀方面に行くときヤマダ電機までの道路がありますよね。これって何号線かご存じですか?

県道 382号線でここが終点だそうです。

逆に佐賀方面からヤマダ電機手前で右に曲がって福岡方面に行く道路は国道202号線です。

で、県道382号ってどこが始点なの?って調べてみたら・・

なんと!

対馬の比田勝港という場所でした。

対馬から海を越えて ~ 壱岐を経由して ~ 呼子港に着いて、この瀬田原交差点(ヤマダ電機付近)まで延びていることが分かったのです。

これって何かロマンがありませんか~♪

昔は陸で繋がっていたのかなぁ?なんて想像してみたりして。

今年は雪の当たり年? 笠原建設

2021年1月7日(木)夕方から唐津市石志では沢山の雪が降り始めました。

さすがにこの日は、仕事を早めに切り上げ帰る支度をしました。

18時頃から外気温はマイナスになり濡れた路面は「ガチガチ」に凍りました。

多分殆どの車はノーマルタイヤですし、雪道に慣れていない方が多いので道路はノロノロ運転や事故が発生していました。

その頃、Google Mapを見ていたらあちこちの道路で渋滞が発生し道路が赤色になっていました。

こういう状況になると、笠原建設社員は国土交通省などから「災害時における応急対策業務」という依頼を受け雪害対策の出動になります。

夜も昼も関係ありません!

パトライトを付けたこんな車を時々見かけますよね。

これらの車では凍りやすそうな橋や、交差点、多くの車が通行する道路などに融雪剤(塩化カルシウム)を蒔くという作業をします。

笠原建設では、7日、8日と数十人出動しこの作業を行いました。

走っていると、そこだけ雪や氷が溶けている箇所がありますよね。

そこですそこ! この融雪剤が撒かれているのです。

今回の雪は5年に一度と言われておりました。雪の量はそう多くありませんでしたが気温が低く(マイナス3,4度)凍ったのが厄介でしたね。

アドミンの車は先日まで4WDだったの結構平気に雪の上を走れたのですが、手放したので今回はさすがにチェーンを手配しました。

色んなチェーンを調べましたが、静かで、簡単に脱着が出来て、安価(6,000円)でという所に惹かれ「布チェーン」にしました。

実際使用してみた感想としては、雪道でも凍った面でもそれなりに噛んでグリップしてくれていました。

JAFのサイトに40kmで急停止した時の制動距離を試験した記事がありましたが、そりゃ滑りますよね。

実際の利用場面として、雪道を慣れない人が40kmも出して走る訳がない。

せいぜい30kmで安全を確かめながら走りますよね。そういう緊急的な使い方にはもってこいな商品でした。

耐久性は、距離にして300km位とどこかの記事に書かれていました。

今年は、まだまだ雪が降りそうですね。

これからでも遅くない、早めに対策をとっていた方がいいと思います。

この雪の日、ちょっと早かったですが会社の女の子がぜんざいを作ってくれました。

あま~くてとっても美味しかったです。